高森田楽保存会〜福岡〜宮崎下道ずんずん紀行その1

阿蘇へ行こう。
今回は地震で流れた大橋の向こう、南阿蘇へ行こう。
ふっこう割クーポンを使って。

いつものように下道で、日田、小国、大観峰。
切り立った崖の続く杖立あたりは、片側通行のところが幾つかあった。
紅葉が始まっていて、綺麗。

阿蘇はススキの季節。
ふわふわの山肌。大きなウサギのよう。

img_0773

img_0765-1

 

高森田楽保存会で味噌田楽を

いつもより南へ行くので、なんか美味しいものはないかなとネットで妻が見つけてきたのが「高森田楽保存会」。

魚とか豆腐とかこんにゃくとかを炉端で焼いて、味噌をつけて食べるらしい。
へ〜〜〜〜面白そう!

と下道をヒーコラ走って、12時ちょっと前くらいに着いた。

 

平年より暖かい日。さらに寒いはずの大広間にはたくさんの炭火があって、熱い(笑)

 

高森田楽保存会「お互いに向かい合って座る」意味は?

おじちゃんに席に通され、座る。

「向かい合って座ってください」と。

お互いに相手の焼き具合を確認するためらしい。

真ん中に炭火
それを挟んで串
自分に見えるのは串の「表側」だけ
なので火に向かってる部分は見えない
焦げてしまわないように向かい合った相手が「あ、そろそろいいみたいよ」などと指摘する。

へえ〜面白い。

いつもこういう時間のかかる焼き物は、自分の分をがっついてしまうんだけど、「まだかね〜」「まだ焼けてないよ〜」何て言いながら食べるのは新鮮!

焼けてる!
焼けてる〜

しかし15分くらいはかかるらしく、おばちゃんが時々指摘をくれる。
それがまた割とバラバラで(笑)

もういい頃っていひとも、もう少し焼いたほうがって人も。
楽しいなあそういうの。
統一見解じゃつまんない。

img_0796_edited-1

 

高森田楽保存会:九州ならではの甘い味噌。最高!

焼きあがる前に、揚げを食べる。
本当にさっぱり、素朴な揚げ。でも美味しい。う〜ん。もっとバキバキした味のものが好きだったのに(笑)

メニューを見て、もう一品追加したのは「豚バラ」

これで肉・野菜・魚のフルコース!
この豚バラが、ものすんごくうまかった!

img_0802

 

ヤマメはふわふわで、頭からぜ〜んぶ食べられる。
里芋もホクホク
こんにゃくは味噌と相性抜群
豆腐がなぜが味わい深い

見た目、ちょいとさっぱりすぎ?な気もしたけど、これにご飯とダゴ汁が。
もうお腹いっぱい!イソフラボンいっぱい!

イベント性もあって、美味しいし、体にいいもの食べてる感じも(笑)
是非オススメです。

img_0804

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed