ピーターラビット展@福岡県立美術館【ミートパイになったウサギの末裔は盗人?】

ピーターラビット展@福岡県立美術館:青いジャケットのいたずら小僧

ピーターラビット。
人気者だよね。

絵皿だったり、グッズだったりでよく見かけるけど、そのストーリー自体はあまり知らない。
あんまり気が進まなかったのだけど、妻に付いて行った。

 

展覧会は最終日。
おばちゃんや子供でごった返していた。

挿絵でストーリーを追いながら、回るんだけど。
老眼プラス暗順応のできない僕の目には厳しかった。
あんなに暗くしないとダメなのかな。

ピータラビットの絵には、全然共感もしないし、すごい!とも可愛い!とも思ったことはないんだけど。イギリス人独特のシニカルな目線と、ひっくり返ったユーモアに満ちたお話は面白かった。

o0431022913787951118

 

ピーターラビット展@福岡県立美術館:動物たちが過ごす日々

ピーターは

  • 泥棒で
  • 親の言うことを聞かず
  • 服や靴を失くしてばっかりで
  • 人に迷惑をかけ
  • 従兄弟を巻き込み危険な目に合わせ
  • しかも反省が足りない

バカウサギだ(笑)

でも、それでもいい。
もちろんきちんと言うことを聞く兄弟たちが「ダメ」なんだ!なんていうロックンロール!なわけでもなく、並列なんだ。

悪いことをしたら、罰せられるなんていう教訓めいた色合いもそれほど濃くなく。

 

相手を食べようとしてお茶会に呼ぶ猫。
童話では酷い目にあわされるはずだけど、食べるのに失敗しても淡々と日々は続く。

掛売りをしてて、潰れるお店。
騙された豚。
うまくいかないことばっかりでも、自宅に友人を招いてお食事会をする。

いいこと。
悪いこと。

均等でなくても、どっちもおきて。
そのこと自体に意味や教訓を見出すのではなく、
今日が終わり明日が来る。
別に希望に満ちてなくても。

そんな、爽やかな当たり前の諦念が心地よいお話が続く。

%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%92%e3%82%99%e3%83%83%e3%83%88%e5%b1%95

 

ピーターラビット展@福岡県立美術館:子供はバカで自分勝手なもんだ

会場でギャーギャー言う子供をしかりつける親が見に来てるってのも皮肉だった。

子供が音声ガイドの使い方を間違えて「あんたは何やってもダメやね。ちゃんと話聞いてたん!」と怒り心頭で起こるお母さん。

面白いね。世界は。

子供がピーターラビットの原画見て面白いわけないじゃん(笑)
早く公園行こ〜!っていう子供の方が、普通よね。

 

話がそれた。

2016-12-11-12-20-40

 

ピーターラビット展@福岡県立美術館:守るための戦いと資金

ポター氏は、ナショナルトラスト(英国の自然保護団体)に賛同していて、印税で土地を買い、美しい自然を保護してた。

東京ドーム何個分とかいう小さい話じゃなく。

はるか向こうに見える山のラインの美しさまで守るために、産業を作り、保護する。
自然と動物たちから得たお金を、守るために使う。

意匠登録や商標登録でキャラクターのイメージを守る。

 

ビジネスマンとして素晴らしいなあ。

婚約者に死なれたり、両親に反対されたり。
プライベートは色々だったポター氏。

僕は田舎のネズミにはなれないかもだけど、田舎に友人が欲しいなあと思った。

2016-12-12-09-39-53

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed