私の話をしようとおもう。他の誰でもなく私の事を。その2【SEX】

私は中二から高校三年まで同級生の男の子と付き合ってた。

お互いに割と勉強のできるもの同士で、よくお互いの家に遊びに行ってだべったり、オセロとか将棋とかして遊んでた。
そして、確か中二と中三の間の春休みに、初めてSEXをした。
ん、いや、SEXしようとしてお互い処女と童貞だから上手く行かんで、実際やったのはも少し後かもしれん。けど、少なくとも、お互い裸になって抱き合ってた。

 

「中高生男子なんてのは、性欲の塊、ムンムンムラムラの塊である」

って、いつか高校の性教育で聞いたよな。
それってのは本当。
でも、最初は全然問題なかった。
女の子だって好奇心や性欲はあるんだから。
だから初めてちゃんと挿入がうまくいったときは本当に嬉しかった、ような記憶があるし、
ずっと胸を揉まれて、濡れて下半身がだるく気持ちよくなった記憶だってある。

 

彼は年齢を誤魔化してAVをレンタルしたりしてた。
別に珍しくもなんともないことだと思う。
そして、その中のことを試したくなるのも、自然な気持ちだろうなと思う。
自然な気持ちだろうなと思う、試してみて面白いこともあったけども、実際はやりたくない、やられたくないことの方がどっちかってゆうと多かった。

「駅弁」を試してみたい、とかはまぁ面白かった。
けど、顔射は嫌だったし、口の中に射精した精液を飲み込むのも嫌だった。
けれども彼はそれをやりたがった。
一度は嫌だと言った。
だけど、して欲しいと言われると、彼のこと好きならやらないとって思って、顔射されたし、飲み込んだ。

 

感じて、といわれた。
もっと声を出して、といわれた。
潮を吹いて欲しかったらしくて、ずっと指でかき回された。
目を開けてといわれた。
イって、といわれた。

そんな事言われたって、さぁ。
まだ経験の殆どないのに、感じるなんてどんなことかわからないし、不慣れでそんなに気持ちよく感じることができない。

だけど彼は私のことを好きだと言ってくれる。
私のこと好きなのなんて彼だけだろう。
だから応えたい。

とりあえず、ぁン、って言う。
言いながら、早く終わってくれ~と思う。
そう、気持ちよさそうに私の上に乗る彼の顔がをきもちわるいと思う
そんな自分がイヤだった。
そんな自分はどんな気持ち悪い顔してるんだろうかと思った。
白い天井と白い壁と壁が交わる頂点を見てた。
頂点を見ながら早く終わってくれ~、と思う。
最初あんなに初めては嬉しかったのにどうしてこうなったのかな?と思う。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed