ヒトラー暗殺、13分の誤算:感想【ポピュリズムの恐怖を払う自由な欲望】考えろ!と映画は言う

ヒトラー暗殺、13分の誤算:ヒトラーをめぐる映画はどのくらいあるのだろう。

僕はあまり見ないほうだけど、この映画は2016年に見てよかったなと思う。
きつい描写もあるし、心がイガイガするけど。

根底にあるのは「考えて、生きろ」というメッセージ。

ナチスに染まっていくドイツ。
でも支持率が50%以下の頃もあった。
そしてその頃から、ナチスは人々をうまく操作して、あっという間に「信頼」と「恐怖」を勝ち取った。

自分たちと違う人種をあぶり出し、「ドイツはすごい!」「ドイツは美しい国家!」というスローガンのもと、違う意見は言えなくなる空気をうまく作った。
騙されてるという匂いはするんだけど、大衆という「仮想」を作り上げて、払拭する。

 

ヒトラー暗殺、13分の誤算:自由に生きるための戦い

1939年11月8日、ドイツのミュンヘンにあるビアホールで、毎年恒例のミュンヘン一揆記念演説を行っていたアドルフ・ヒトラーは、悪天候のためにいつもより早く切り上げた。その後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発。ヒトラーが退席して13分後のことだった。

ヒトラーを殺そうとした家具職人「ヨハン・ゲオルグ・エルザー」。
歌を歌い、人妻に恋し、言ってみれば「自由奔放なダメ人間」。でも彼は自分で考え、自分でやりたいようにやり、その罰も受ける。

考えて行動する。

僕らが今一番できてないこと。

腸内の細菌に「善玉菌」と「悪玉菌」というのがあるのはご存知の方が多いと思う。
TVのCMなどでも「善玉菌を増やして、腸内をきれいに!」なんて言ってるから。

でも、腸内で一番多い菌は「日和見菌」と言われるもの。
その時々に優位になった方へ味方する。

僕らは「日和見菌」になってないだろうか?
集団で、のそのそと、列に並んでないだろうか?

 

 

ヒトラー暗殺、13分の誤算:実在の人物の脚色のいい塩梅

ヨハン・ゲオルグ・エルザーの存在は、近年まで隠されていた。
たった一人で世界を変えようとした男。

ゲオルグはヒトラーが死ぬ直前まで生かされた。
それはなぜか?
反逆のヒーローに目立ったことをしたくなかったのかもしれないし、ヒトラー没後もドイツ政府は彼の存在を隠し続けてきた

2014年、ドイツのメルケル首相は、自分の意思で戦争を防ごうとした反ナチス抵抗運動のヒーローとして、公式に彼を称えている。

 

ヒトラー暗殺、13分の誤算:時代はパッと変わる。入念な下準備の後に

キレイな制服。
素晴らしい技術力。
我が国は素晴らしい。

我が国に暗雲をタレ込ませるのは奴らだ。
奴らをあぶりだせ!

わかりやすい指針と、くすぐられた自尊心と、ナショナリズム。
うまく動かされるポピュリズム。

時代のヒーローに頼ろうとするとき、時代は変わる。
ひっくり返って仕舞えばそれを戻すのは大変だ。

僕らはヨハン・ゲオルグ・エルザーに頼らずに生きていけるか。

 

それにしても自国の暗部をしっかりと描くドイツと
大政翼賛会的な「日本あっぱれ!映画」を作り続ける日本。

同じ敗戦国なのにどうしてこうも違うのか。

【610号室】映画見聞録~映画が大好き~2017

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed