「篠山紀信展 写真力」 時代を写し、時代を作る

「篠山紀信展 写真力」@福岡アジア美術館
冬休みに見に行きました。

古今のスターの写真が盛りだくさんで、お客さんもとても多かった。
しかも、老若男女問わず、いろんな人が見に来とってね。
私も、6歳の息子と一緒。

大きく引き伸ばされたスターの写真は、ド迫力。
思わず息をのむ。
小さめの写真では、いい表情の彼/彼女が、親しみ深く語りかけてくるよう。

すごかった。
篠山紀信、何でもできるんだなあ、と思った。いや当たり前かもしれんけど。

妻夫木聡やAKB48のように、
てらいなく撮られていて、そのまま事務所の宣材写真になりそうなものもあれば、

大原麗子や宮崎美子、Y.M.O.のように、
「これぞ、この人だ!」と、
私たちの脳内イメージが具現化されたような写真もある

(というか、こういう写真が世間に流通して、
スターのイメージが作られていくんだろう。
写真って、時代を写すだけじゃなく、
写真がスターを作り、時代を作るという側面があるんだと思う。)

松田聖子や安室奈美恵、羽生結弦など、
時代の頂点に立ったスターの
日常のなにげない表情を捉えたスナップ写真みたいなのもあれば、
背景にしろ衣装にしろ作りこまれた写真もあった。

きれいな背中を中心に、斜め後ろから顔が写る杏とか、
ゴスロリっぽい服に埋もれない、不思議に強い原田知世とか、
クールな北野武とクールなタモリとか、
着物の裾を割ってしゃがむ加賀まりこの下駄の赤い鼻緒とか、
小川で涼む古手川祐子の浴衣から大きく覗く太ももとか、
洋服と短髪で「睨み」をする市川新之助(当時)とか、
良かったなあ。

ディズニーランドや歌舞伎、相撲は、それぞれコーナーが設けられていて、
これもすごく迫力あった。

写真家の色を出すというより、その世界のすごさをそのまま撮りたい、て感じ。
スペクタクルな世界の力を信じているんだなあと思った。
畏敬と愛情の念を感じた。

勘三郎 in ニューヨーク とか、
勘九郎 with 建設途中のスカイツリー とか
金丸座で襲名口上をする歌舞伎役者たちを舞台側から撮ったやつ とか
晴れやかさに、胸が熱くなるようだった。
一枚の写真で、人はこんなにぐっとくることができるんだね。
スターの力、写真の力。

写真展の構成やデザインも、わかりやすくて、堂々としていて、横綱相撲。

最初のコーナーは「GOD」。すでに鬼籍に入った人々。
きんさんぎんさんに始まり、美空ひばりや、勝新太郎や、三島由紀夫。
すごい「昭和」感。
ここでは、写真を展示する背景となる壁は真っ黒。

次は、「STAR」時代を彩り今も輝くスターたち。
吉永小百合や王さん長嶋さん、ももクロや壇蜜もいる。
白くて明るい背景。

歌舞伎やディズニーを撮る「SPECTACLE」は、
鮮やかでカラフルな写真ばかりだから、当然、背景はシンプルに。
生々しい肉体が展示される「BODY」の背景は真っ赤。

そして再び暗くなり、モノクロでつづられる「ACCIDENTS」になる。
スターや虚構のまばゆさにくらくらしたあと、
東日本大震災で被災した人たちのポートレートという「現実」で写真展は締められる。

実はこの写真展、2度、見に行った。
6歳の息子が、「どうしても、また みたい。おとうさんにもみせたい」
と言うので。

彼の心を捉えたのはズバリ、「BODY」コーナー。
出口近くで、
「もういっかいみる、はじめから。はだかのとこ、すごかったやん?」
とささやく彼に噴き出した。

その夜は、仕事から帰った夫に熱血解説しながら大興奮。
「おんなが、はだかで、こうやって、おっぱいまるみえで」
「そとで、ブルーシートみたいなのにすわって、しりが」
「おとこも、はだかで おどりよると!」


↑息子が書いた図。
実際に見た人は何となくわかってくれるかと(笑)。
ちなみに、右下で座っているのは宮沢りえ@サンタフェです。

翌日も、「しりのしゃしん、すごかったー」と言い続け、

「でも、なんで、はだかのしゃしんを かざるんだろう?」
「なんで、そとで ふくぬいで、しゃしんとるんだろう・・・」

と、だんだん、冷静で本質的な疑問に至っていくのが面白かった。

私は、あの「BODY」コーナーを見ると、
写真家が裸を撮るのはごく自然に思えた。
生きている人間はみんな肉体を持っているから。
そこに興味を持ち、表現したいと思うのは当然のことのような。

でも、息子にはそんなこと言ってもわかんないだろうしね。
君は、これから長い月日をかけて、自分で考えていってね。
アートとポルノの違いとか。
人の尊厳を踏みにじる表現に対しては、感覚的にノーと言える人間になってほしいものです。

【308号室】エミの moonshine 離れ





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed