死の恋人ニーナ:感想:こりゃすごい!貞子も笑うぶっ飛びホラー。

死の恋人ニーナ:普通のB級ホラーかと思ったら

DVDのジャケットがこんな感じ。

なんか、バカっぽいホラーを見たい夜ってあるじゃないですか。
で、借りた。

そしたら、ある意味すごい傑作だった。

 

死の恋人ニーナ:私の彼氏に、死んだ元カノ?

お話はスーパーマーケットで働く二人から始まる。
薄暗い雲の下。なんだかさびれてて憂鬱な職場。
目の下にクマ?もしくはメイクの憂鬱ガール「ホリー」彼女はこれまた憂鬱顔の「ロブ」になんとなく恋心。
このロブって男は恋人のニーナを交通事故で亡くしてて「早く彼女の元へ行きたい」なんて思ってる(という噂が流れてる)

ただ、そんなもんには負けないホリーは、セックスアピールしまくって、ついに!
白いシーツの上でアンアン言ってると、赤黒いシミが。

どんどん赤くなるシーツ。
え?彼氏以外の手が足首に、胸に!
ズズズズーンと血みどろのニーナがシーツの下から現れる!

ここの描写が、大爆笑で。

おお!こんな登場シーン見たことない!と嬉しくなった。
現れたニーナはロブに「この浮気モンがー!」と切れる。

自分が死んだことに気づいていないっていう設定だけど、絶対ニーナはわかってる。
それでいてジェラシーの炎を燃やすんだ。
このニーナ役の女優の素っ頓狂な顔がもう、かわいいのなんの。

死の恋人ニーナ:笑いのツボにはまったら、ぐんぐん加速する!

当然ホリーはびっくり仰天!慌てて立ち去るんだけど。
またやってきて、セックスする。
この女優さんの脱ぎっぷりもピンク映画のようでかわいい。

そこで「成仏させてやる!」てな感じで

「三人でやっちゃう」とか「ニーナは永遠、なんていうロブとお揃いのタトゥー彫ったり」するんだけど・・・。

ニーナは出てくるたびにシーツや部屋を真っ赤に汚すから、部屋を掃除したりシーツを洗濯したり、血の跡があまり目立たないような(?笑)赤いシーツに変えたり。

  1. セックスしたい!する!
  2. ニーナ出てくる!
  3. 部屋、めちゃくちゃ!
  4. 掃除する!

のループ。もう、面白くてたまんない。青春やりたい人生って感じ「私たちのハァハァ」だね、ある意味。

 

死の恋人ニーナ:本当に怖い、痛いのは誰?

恋人を殺してしまったロビーはまあ、ゆーうつなのはしょうがないとして、本当に怖かったのはニーナの父母。娘を失った痛々しさもあるんだけど、その執着が怖い。背筋がぞっとくるのは生きてる人間だ。

 

ストーリーの本筋はどうってことないけど、ちょっとしたアイデアと過剰さのバランスがすごく良くて。

あ〜ホラー映画って360度、全方位的にドラマが描けるんだなーとつくづく思う。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed