その感情はどこからやってくるのか?【歴史勉強会+おしゃべり会】に参加して

友人のエミさんが開催する「歴史勉強会+おしゃべり会」に参加してきた。
なんとなく雨模様。知らない人が多い中、ヒトミシラーの僕としては、割と頑張って参加(笑)

歴史オタク、朝ドラ、大河オタクのエミさんが、どんなプレゼンをするのか?ていう興味があったのと、「子供を育ててるママ」から、今を知るために歴史を知らなきゃっていう声が上がるのがとてもいいと思ったから。

エミさんはこのブログアパートの住人で、面白くて深くて、しかもちょっと軽い記事を書いてくれてます。

【308号室】エミの moonshine 離れ

 

次の時代は今の子供たちの時代。

子供がどう育ち、どう巣立つかっていうのが「国家戦略」である前に、一番身近なママたちに重要な責任があるんじゃないかな?
イクメンとか言っても、男性は「社会」ていう名の厳格なルールの中で生きてるので…。
オムツを変えることはできても、オツムを変えるのが難しい。

などと言いながら、日本史はほぼ興味がなく、朝ドラも、大河ドラマも知らない。
そんな「門外漢」な51歳が、今回感じたことは

なんとなく怖い…。なんとなく嫌だ…。
その感情の出所はどこか?
それを知るためには「過去」を知り「違い」を知ること。
謎を謎のままにしておくと、誰かの指図に簡単に乗せられちゃうなあ

ってこと。

 

知れば、怖くなくなることと
知れば、怖くなること、がある。

なぜ隣国を怖がり、嫌うのか?なぜ、異常に嫌われてるのか?
そのことを日清戦争から遡って、簡単にまとめていた。
過去を知れば、怖くなくなる。

そして、何故今はあまりにも戦前と似すぎてるのか?
なんとなく過ぎていく日々の中で、チクリと引っかかる違和感。
あのときこの国が転げ落ちた道じゃないか?
過去を知れば、怖くなる。

わかりやすい。
すごく、わかりやすい。

そのとき置かれてた日本の、中国の、韓国の状況とか
一等国と言われていた列強の国々とか。

「仕方ないじゃん」に行き着くまでのいろいろがわかった。
でも、それでもやっぱり止めなきゃいけないんだ。戦争は。
始めちゃダメだし、
始まりは静かなんだ。

いやあ、歴史はホント苦手で。でも、今と地続きなことが理解できれば楽しいし、ドラマチックだ。歴史の授業、昭和から初めて遡っていくといいんじゃないかな?
興味が持てるのではないかな?

エミさんのプレゼンは、彼女の持つ「ユーモア」と「ミーハー的なキラキラ感」が、いいクッションになってて、きな臭い話も楽しく聴けた。

 

広島、長崎の原爆投下。終戦記念日。それを正確に知らない子供たちがいる

エミさんが「歴史勉強会」を開こうと思ったきっかけは、広島、長崎の原爆投下や終戦記念日を正確に知らない子供がいるという事実を目の当たりにしたからだそうだ。
僕らが子供の頃よりも戦後は遠くなり、メディアは増えて薄まり、「戦争があったこと」を正確に知らない人が増えてる。
しかも「僕らの国は負けた」ってことだけは知ってるという今。
大事なのは「なぜ負けたか?「ではなくて、「なぜ始めてしまい、なぜ止められなかった?」なのに。

 

知識って、なんだろう。と思った。
知りたい!と思うことと、思わないことがある。
興味があること以外は、それほど知りたいとは思わない。誰もがそうと思う。

でも、もしかしたらちょっとづつ「知る権利」はどんどんスミ消しにされて行っていて、「知りたいことを知る」なんてできなくなるんじゃないかな?

他人から見たらどんなにつまんないことも、「知りたい」と思う人がいたら、探せる世の中、知識を得ることができる社会がいいな。

 

 

僕は「無駄口喋らない!」と心に決めていたのに、ところどころしゃべってしまった。うう。修行が足りないし、モテないな。

 

くんちゃんのだいりょこうという絵本の朗読もあって。

(読まれたのは 大池どんぐり文庫の梶田さん:こちらに取材レポートあります。)

とてもいい話だった。

子供の「その都度」な歩み方と、それを余裕を持って見守るご両親。
愛情とは「距離感」で、縮める時はぎゅっと抱きしめて、離す時には手を振ってあげる。
物語のリズムや先を想像させて、「その通りになる」と「え?意外」を織り交ぜて進んでいくストーリー。さすがだ。

 

あっという間に解散の時間。
参加者の多くが幼稚園のお子さんの送迎の間の参加なので。
そんな短い中でもこうやって活動し、勉強し、そのための資料を作り、さらに朝ドラをチェックし(笑)

エミさんの持つ「なになに??知りたい〜〜〜」っていうパワーが「なんか、このままだと良くない。もっとちゃんと知ろうよ」ていうメッセージになったようなイベント。

すごく、いい会。
きつくなく、ゆるすぎず、すごくいい会。

 

エミさん本人のブログはこちら>>>
「「未来の子どもたちのための歴史勉強会&おしゃべり会」 なんてこと、やってます」

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed