冬のお楽しみ!氷瀑を見に行くぞ~2週連続雪まみれ~

冬は苦手、寒いの苦手。
できることなら冬の間は温かい部屋でヌクヌクしながら本読んだり、コーヒーとチョコ味わったり、ヨガしたり、してたい。
のですが。
寒いからこそのお楽しみも当然あるわけで。
ここ数年のお楽しみは、氷瀑。
氷の滝です!

山登り始めてから、この、冬に氷った滝が見られるというのにハマりまして、毎年毎年、めっちゃ寒い日はこんかいな~めっちゃ寒い日はこんかいな~と強めの冬将軍を心待ちにしておるのです。

今冬は暖かめな日が多くて(それはそれでありがたいのだけど)なかなか寒くならないもんでやきもきしてましたが、先週今週ようやく寒波がやってきたので、いよっしゃー!と2週連続山へ飛び出しました。

その1、難所ヶ滝

宝満山と三郡山の間にある滝。
滝ゆーても夏は岩の壁に水がちょろちょろ~と流れてるだけ。
これが冬になるとたくさんつららができてすごいんです。
市内から近いので見に来る人も多い。
うーん。毎年思うけど、すごいなぁ。

見てる間にも溶けて水がぽたぽた。
この後三郡山の山頂まで行きまして、一面雪でしたが天気が良くて風もなくてそこまで寒くなく。
それでもラーメンが、染み渡る~~

その2、四王寺の滝

難所ヶ滝は毎年行ってて、違うところにも行きたいな~
英彦山にも氷る滝のあるらしいと知り、早速その四王寺の滝へ行ってみました。
英彦山は何度か行ったことあるものの冬は初めて。
大分との県境な上に、この冬一の寒波の翌日。
滝に期待しつつ、道路交通情報はチェーン規制なんて言ってるし、そもそも登山口にたどり着けるのか‥?

朝、運転していくと八木山バイパスは路肩に雪。
添田町に入るとだんだん民家や歩道にも雪。
英彦山駅前で苦労しながらチェーン装着して、運転も交代してもらい、なんとか無事登山口へ。

駐車場がすでに雪野原‥
さっそく軽アイゼン(雪用のスパイクみたいなやつ)を装着して出発。
登山道も雪ですが踏み跡があるので迷わない(なかったらど迷う、ともいう)

 

天気も良く穏やかななか雪歩き。
さて、ここからは歩いたことのないルートです。

雪がなければ多分岩ゴロゴロの谷筋をへえへえ言いながらしばらく登りますと‥

おお~。

すごいなぁ。
ん?

なんと雪の斜面の上からワンコが1匹。
周りの登山者さんによると、登山口のあたりのお宅のワンコらしい。‥なんてワイルドなお散歩コースやねん。
ワンコは足取りも軽快に雪道くだって行きました。

さて、ワンコがくだってきた道をわれわれはさらに登るんですが、
これがもー険しいのなんのって。
踏み跡がなかったら絶対に道とは思わない雪の急斜面を、木や岩やロープを掴みつつ登って行きます。
雪まみれっす。

登りきった先には‥

ふかふかの雪野原!
誰も歩いてないところは、膝くらいまで雪!

樹氷の下を歩いて‥

山頂です。

山頂でラーメン作ったのですが‥ととととにかく、じっとしてると寒い。
歩いてる間は平気だったのに‥足先が痛いよ~ふと気がつくと、外して置いていた手袋が凍ってる!ひぇーっ。手袋があったかくない‥

じっとしてると死にそうなんで、景色もそこそこにさっさと下山します。

下山中の景色もまた素晴らしい。
そして、雪が音を吸い込んでしまったように静か。

無事に下山。
帰りは、登山口近くの温泉の露天風呂で冷え冷えの体をゆーくり温めてぬくぬく。

しかしまぁ、当日夜~翌日にかけて、あちこち筋肉痛‥
普段歩きなれない雪道は想像以上に体力いるんですね。
でもしんどいのに、きっとまた行きたくなるんだろうな‥いや、今年はもういいか。
早く暖かくなったらこんどは春山に‥いや、また寒波きたらもう一回くらい難所ヶ滝に‥いや、いっそ九重に‥い、行きたいなぁ!





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed