誰にも話せない私の秘め事

相変わらず、男癖の悪い母親…
そんな母親を反面教師としていた私は潔癖症で正義感の強い子供でした…

私は小学生の頃、成績も良くて、運動神経も良い、俗に言う優等生でした…
特別にガリ勉だった訳じゃないけど、普通に勉強をしていただけでしたが、成績は良かったのです。

友達も多くて、学級では、みんなから信頼もされていて、学級委員も良くやっていました。
どこからどう見ても、普通の家庭のお嬢さんだったと思います。私の複雑な家庭環境を知る人は、ほとんどいなかったと思います。子供ながらに、人には言えないな…と思っていたので、友達には、家庭の事はほとんど話した事がありません…
私も中学生になり、部活動も勉強も人並みに頑張っていました。母親は、相変わらず、生保レディをやっていました。私達子供を育てるために一生懸命働いていました。勿論、相変わらず、パトロンや彼氏はいましたが…
母親のパトロンとのお食事会は、苦痛で、本当に嫌でした…
家庭がある人で、お金持ちで、優しい伯父様でしたが、、嫌いでした…

勿論、パトロンの他に彼氏もいました。大人になって妹から聞いた話ですが、、妹は幼少期、母親のデート現場に良く連れて行かれたのです。要するに、ラブホテルに子供を連れて行ったのです…この事は本当に、最近聞いて、、ビックリしました。
最低の母親だな…と思いました。
妹は、母親のやりたい放題の人生の犠牲者なのです。だから、妹は、母親の事を恨んでます。

そんな中学時代に私は運命的な出会いをします。中2の時に出会ったM君…
たまたま、一緒に学級の役員をやって、、
彼の人柄にどっぷりはまってしまいました。見た目はまぁ、良いよかな(イケメンと言う人もいますが)私は彼の見た目ではなく、内面に惚れてしまったのです…

私は学級委員をしていたので、宿題の問題集の答え合わせをする仕事があって、自分の問題集の答え合わせが出来ないでいると、
さっと(頼んでもいないのに)私の問題集を手に取り、答え合わせをしてくれたり。
私が先生と生徒の連絡係で忙しい時は、私の仕事をさりげなく手伝ってくれたりと、、いつも、私のサポートをしてくれました。彼といる時間が本当に多かったのです。私はその時間が凄く好きでした。

中2と言ったら、まだ、男の子は、お子ちゃまで、
女の子の方がずっと大人ですが、、彼には不思議なほどに、心が許せたのです。

あっ…私の求めていた人だ…と中2の時に思ったのです。
私の女の直感です(笑)
私はこの人と結婚したい!と思うようになりました。彼も同じく、成績は良くて、学級役員をやっていて、、常に彼と一緒にいました。この事を大人になって彼に言ったら、全く覚えてなかったけど(笑)
正しく、彼が私の人生を変えたのです…

彼とは、それから、長いお付き合いになりますが、、
残念ながら、人生のパートナーは別の人です。
彼とは、今でも、たまに会いますが、、
やっぱり、私は彼の事が好きです…
私の愚痴やくだらない話に、変わらず、、淡々と話を聞いてくれて…
時には、辛い事があって、泣く私の肩を優しく、抱き寄せてくれたり、、やはり彼は、変わらない優しさで包んでくれるのです…

勿論、私には旦那様がいますので、この事は、誰にも話せない私の秘め事です。

補足ですが、彼の事が好きなのは、私の勝手な気持ちで、、私と彼は、、不倫とか、、そういう関係では、ないです。
彼は私の事を嫌いではないでしょうが、どう思っているのでしょうか…
ちょっと怖くて聞けませんが、、
彼とは、今でも飲み友達です。

【701号室】本当に好きな人、本当に書きたい事





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed