ギター2台のインスト。これまたやったことのない企画【カルピスフリスビー誕生】

チャーリー林バンドで対バンしたpanamintのギタリスト、マツナガさんからある日連絡があった。

「ギター2台でインストやってみない?」

昔、ギター2台のユニット「G2」というのをやっていて、ライブの一曲目にインストをやったことはあったけど、全曲ってのは初めて。

僕は歌モノの伴奏が一番好きで、それだったらまあまあ自信があるんだけど、今回の提案はびびった。でも、誘うことはよくあっても、誘われることがあまり無いので嬉しかった(笑)ので挑戦!

選曲をマツナガさんがやり、スタジオへ入ることに。
4曲練習はして行ったんだけど、知らない曲もあり、覚えの悪い僕は、あっちこっち間違えて。なんかズルズルした演奏になった。

スタジオ帰りはいつも割と「がっくり」するもんだけど、今回はかなり凹んだ。

 

数日後、マツナガさんから曲の構成が届いた。
どちらがソロをやり、伴奏するか。
フリーにやる部分と、メロディーをやる部分と。
ビシッと、指示が来た。

 

おお、学校のようだ。

昔、即興音楽のワークショップで、アルタードステーツの内橋和久先生からいろんなものを教わったときのよう。
あのワークショップは本当、最高だった。
ミュージシャンとしてはぼんやりしたギタリストだった僕は、瞬間に音を捉えて、作るという授業に熱中した。まあ、その時はサックスでの参加だったんだけどね。

 

練習した。
曲を聴いた。
この曲をどんな風に解体するか。
マツナガさんはエフェクタ使い。なので僕はあえてガットギターで音色を変えようとした。正反対の異質なものが混ざり合うのが楽しいかなと思って。

 

二回目のスタジオはうまくいった。
楽しかった。

 

さ、すぐにライブだ。

 

この日は3バンド出演で、僕はすべてに出演する。
体力も気力もいっぱいいっぱい。

5曲やった。

その中の2曲をご覧ください。

 

 

 

難しいことって、緊張することって楽しい。
マツナガさんのオーケーは出たかどうかは、まだ聞いてない(笑)

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed