51歳最後の夜に、新しい事はじめちゃったよ【阿片戦争】

阿片戦争。
その言葉からくるノスタルジー。地下室ぽくて、脱力感と鎮痛。
国を一つ転覆させてしまうほどの「消極的快楽」について、なんか形にできないかなあとおもっていた。

バンドとも、ソロともちがう。
不思議な感じのユニットをつくりたいと。

リズムとベースとギター。
リズムはカホンか、リズムボックス(ドラムマシン)
ベースは女性で、衣装はチャイナ
ギターはぼくで、イギリス人

何人かに声をかけたけど、みなさん自分の音楽活動があり、なかなか。
ずっと断られ続けていた。

 

ある日、ライブの枠があいてると聞いた。
そのイベントのトリは、最近お気に入りの「萠珈」さん。
なんか、ピンときた。

あ、これは、準備不足だろうがなんだろうが、独りぼっちだろうがやる時が来たんじゃないか?と。

ほんとうはテーマ曲がインストであるんだけど。それは一人じゃ無理なので。
阿片戦争用に書いた曲をふたつと、洋楽の日本語カバーをいれたらいいんじゃない?
衣装もイギリス人は地味だから「麻薬感」を出したほうが?とか。

時間はない。
でもやらないとはじまらない。

 

当日、トップバッター。のぞむところだ。
一番は気楽だ。空気もまだ誰色にも染まっていないし。

 

「紅茶の代わりに阿片をちょうだい」

 

ギターでリズムを入れてループでまわした。
雰囲気はよかったけど、うまくいかなかった。
ギターをならすと、歌を歌うとループが全くきこえなくなる。
改良しなきゃいかん。

歌はどんどんとんでいき、阿片戦争についてのうそっぱち(?)知ってるざっくりとした知識を語りながらやった。あ、このスタイルはおもしろい。
もうちょっと仕上げたらおもしろくなりそう。

 

ルー・リードの「ワイルドサイドを歩け」のなかに大森靖子の「日国民的ヒーロー」をぶっこんだ。その場のおもいつきだ。この歌はとても涙腺を刺激するし、大森靖子チルドレンの萠珈さんへの感謝でもある。火をつけてくれてありがとう。

ルーのこの歌で「頭の中では素敵な音楽が鳴ってる」というのを書いた。その頭の中の歌を毎回変えるってのはどうだろう?なんておもった。

演奏を聴いてくれた、友達の友達

 

歌うのはほんと苦手だ。
歌うたいという気持ちがわからない。
曲を作り、演奏するのは大好きだ。アレンジも好き。

でも、ここは克服しないといかんところだ。

そこで便利なのがコンセプト。僕のソロのステージは「バラエティがありすぎでわかりにくい」と言われる。好きなことが多すぎるのが原因だ。
でもある程度絞って、わかりやすくプレゼンするのは大事だ。

 

阿片戦争。
酒もたばこもやらない。賭け事もやらない。おんなも買わない。
だけど酩酊は好き。暗闇が好き。

またいつか会える日のために、仕込みます。煮詰めます。
架空の阿片を取り込みます。

 

デビューを見てくれてありがとう。

萠珈さんと

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed