うなぎの千年屋(吉井町)うなぎで満腹なんて!驚愕の「特上せいろ蒸し」

うなぎの千年屋はリーズナブルなうなぎせいろ蒸しが食べられる

秋月のお花見の帰りに。

なんか食べたいなあと思っていて、「あ!」と思い出したのがここ。
原鶴温泉近く、緑の川べりを走って、菜の花と桜を見ながら「うなぎの千年屋(ちとせや)」へ。

前は多分、普通のせいろ蒸しを食べた気がする。
すごくお得感があって、美味しかった記憶。

早朝お花見の後。たどり着くのは開店前になりそうだ。
う〜ん、まあ、待つのもいいかもね。なんて思いながら10分前に到着すると、表の駐車場はもう、かなりいっぱい。並んでる人がいる!!!

 

おひゃあ!
さっと車を止めて、名前を書いて開店を待つ。
第一陣に間に合ったので、すぐにお店に入れる。

11時ちょっとに入って、注文して。
今日は「特上」にチャレンジ。

うなぎの千年屋では「特上セイロ蒸し」を食べるべき!

国産うなぎをスーパーで買おうとすると、小さめのでも1200円以上する。
だったら2550円(税込)の特上、やっちゃおうじゃない!!と清水の舞台から飛び降りる気持ちで(笑)

畳の座敷だったから、待ってる間に眠くなる(朝が早かったからね)
20分くらい待ったかな??

きた!

どど〜〜〜ん!!すごい!

錦糸卵がちょこっと。うなぎの迫力!!!

見てよ!これ!もう「食テロ」だよね

 

うまい!せいろ蒸しのご飯の甘さがたまらん!
うなぎとご飯の割合を考えながら(笑)食べてると

 

うなぎの千年屋「特上セイロ蒸し」中からうなぎの第二弾が!!!

そう!
特上うなぎせいろ蒸しは、「うなぎが2段」入ってる。
一匹分をしっかり食べることになる。

甘辛くタレがついた一番上のうなぎと
ホクホクに蒸されて、うなぎ本来の味も生きてる中段のうなぎ!

  1. うなぎ
  2. ご飯
  3. うなぎ
  4. ご飯

の4層!ミルフィーユ!

 

素晴らしい!

 

うなぎの千年屋は午前11時前には必着!

ただ、注意することは一組のお客さんに一時間近くかかるってこと。回転がすごく遅い。
だから、開店第一陣の11時に間に合わないと12時になる。

ボリュームもたっぷりで、苦しくなるくらい!朝ごはん食べずにダッシュで10時30分くらいに着く感じでも全然オッケー。

 

今度来るときは

  • 一人は特上セイロ蒸し(吸い物を200円プラスで「鯉こく」に変更)
  • もう一人は塩焼

にしようと思った。
なぜなら、その日の晩御飯時になっても、まだお腹がいっぱいだから(笑)

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed