現代の桃源郷:はな桃まつり

昼神温泉郷にある阿智村は1万本もの花桃が咲き誇る桃源郷として有名です。

大正時代、福沢諭吉の娘婿にあたる木曽電力社長・福沢桃介さんがドイツから3本の花桃を持ち帰り、植えたのが始まりです。
昼神温泉を通る国道256号線には4㎞に渡り「花桃」が植えられており「はなもも街道」と呼ばれています。4月中旬~5月上旬には赤・白・ピンクの花桃が美しく咲き乱れます。正に、現代の桃源郷です。
昼神温泉朝市広場では毎年「昼神の花まつり」が開催され、夜にはライトアップもされます。

現在では「阿智村に嫁いできてくれたお嫁さんの励みにしたい」
とのことで多くの苗が地域の人の手によって植えられたと言うことです。

阿智村は、名古屋から車で90分、東京からでも3時間とアクセスも良好。週末にふらりと訪れることもできます。

花桃という花の原産地は
中国で花を観賞するために改良された花付きのももです。
桃の節句であるひな祭りでよく飾られているあの、、
ピンクのお花が花桃です。

昼神温泉周辺のはなももは標高の差で開花時期が違い、今年は昼神温泉郷は、開花が、月川温泉より一週間くらい早かったと言うことです
。実際、月川温泉のはなももも見に来きました。
開花しているところもあれば、蕾のところもあり…
ホントに、、場所によって開花状況はばらばらでした。
しかし、昼神温泉に比べ、街道が整備されており、はなももの数も多いです。
咲いていたら、正に現代の桃源郷だっただろうと…
少し、残念でした。

また、阿智村は、
日本一星が美しい村として有名です。阿智村にあるヘブンスそのはらで行われるナイトツアーで星空を見ると言う楽しみ方もできます

阿智村を流れている川の水も、これまた、綺麗な水で、びっくりしました!

「百聞は一見に如かず」
一度、見に行くのをオススメします(笑)
のどかで美しい村です。

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed