個人情報とシュレッダーとマイナスドライバー【実家へ帰る】

ゴールデンウイークとはいえ、実家に帰るだけ。
毎年そんなもんだ。
混雑した空港から混雑した観光地に旅に出てみたいものだけど。

今年は体調がすこぶる悪いなか、実家に。
80歳にそろそろなろうかという両親だけど、パソコン使いでもある。
しかもウインドウズ。
プロバイダを変えたので、以前のメルアドと昔のGmailを受信したくないそうでアカウントを消す。
と、ぜーんぶ消えてしまった。

ウインドウズ怖い。

なんども何度もパスワードやIDを入れ込んで、なんとか復帰。
本当、疲れる。

 

ご飯を食べてると、この日は不在だった父親が「シュレッダー」を買ったらしい。
しかも、それを即日壊した、と。

 

親父はボランティアでスポーツ関係の相談役みたいなのをやっていて、溜まりに溜まった個人情報付きの書類を破棄したいと思ったらしい。
さすがにそのままで燃えるゴミといわけにはいかないと思ったのか、思い切ってシュレッダーを買った。(みたけど、結構でかい)

意気揚々と家電店から帰ってきて、鼻歌でも歌うような感じで

じゃ〜〜
ざりざりざり

と入れていたそうだ。僕と同じで説明書は困ってから見るタイプ(笑)

 

そのうちに
ガガガガガグンと断末魔の音を立てて、シュレッダーが止まったらしい。

開けてみるとパンパンに溜まったカスと、歯車の隅々まで入り込んだカス。
しばらくいろいろやっていたようだけど、復帰せず。
今は箱に入ってるという。

 

もしかしたら何とかなるかも?と僕はそのシュレッダーを開けてみた。
なるほど、まだカスは少しあるけど、かなり頑張って取り除いたようだ。

 

「なかまで開けてみるから、ドライバーある?」

 

母親は工具箱を持ってきた。
カラフルなものから差し替えのきくものまで何本も、何本もあるドライバー。
でも、マイナスだけ。

何本も、マイナスドライバーが。
プラスドライバーは一本もなく、探すうちに「あら〜こんなものが〜」なんて懐かしい大会になってしまう。

 

うーむ。まあちょっとやってみようと、マイナスドライバーの一番小さなものでチャレンジしようとすると

「!!」

ネジ山が潰れてる。
そうか、親父もマイナスドライバーでなんとかしようとしたんだな(笑)

 

なんとかだましだまし開けて(結構大変だった)みてみると、
もうゴムのモーターあたりが溶けてて、凸凹がなくなっていた。
かなり無理して回したんやなぁ。

 

さすがにこれは使い物にならない。
僕は元の箱に入れ、粗大ゴミ出すことを提案。

 

親父の部屋には、手回し式の小さなシュレッダーが、ポツンと置いてあった。

 

 

哀しみしかない(笑)





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed