夫婦ってなんだろう?考えてみた…

私が、実家に帰るのには、、理由があります。
年老いた両親の様子を見るために、帰ります。
先日も、実家に帰り、妹から、衝撃的な話を聞きました。
私は結婚してから、実家から離れた所に住んでいたので、実家で何が起きているか、正直、分かっていない事が多いのです。
最近、実家の両親の仲が悪くて、ホントに険悪ムードだと、妹が言います。

 

先日、義父が心筋梗塞で倒れました。何とか一命はとりとめ、回復に向かっていますが。
病院を退院してから、母が言った言葉に耳を疑ったと…
「死んでくれたら、良かったのに…」

えっ?何て事言うんだろ!と妹は思ったそうです。
「お姉ちゃん、ばーちゃんって、薄情な人だよね、、自分が、選んで一緒になったのに、死んでくれ!なんて、、信じられんわ…
じーちゃんが、可哀想だわ」と、、
私達が散々、反対したにも関わらず、一緒になっといて、、
今さら、何を言い出すのかと私も思う。

理由は、働かなくなって一日中、家に居られる事が嫌だと。身体を壊す前迄は、昼間から、お酒を飲んでいたらしく…
私も、妹も、「そういう人をあんたが選んだんでしょ!」って思ってる。

母には、育ててもらって感謝しているし、母親として愛しています。しかし、、人として尊敬できない。
私は、あんな女性にはなりたくない…

そして、もう一つ驚く事を妹から、聞きました。

 

母が義父を家に連れてきたのには、理由があり、、
兄の大学の学費を出してもらう為だと…
しかし、家に来た時は義父は定職がなかったのです。
そんなに人に大学資金を出してもらおうとしたなんて、、あきれるを通り過ぎて、返す言葉がなかった。

私は、母が義父を家に連れてきたのは、純粋に惚れたからだと思っていたので。
母がした事は、私には全く理解できない…

義父は、正社員で、働いた事がない人なので、年金がありません。あんな母ですが、仕事はずっとしていたので、、少ないですが、年金はあります。
要するに「金が稼げなくなった男はいらない」って事です。しかも、病気持ちの旦那を見捨てられるものでしょうか…

二人でバリバリ働いていた時は、それなりに羽振りが良くて、私の子供達に、色々とお金をかけてくれました。なぜ、その時に貯めておかなかったのか…と思います。生活はほそぼそとやれていますが、生活費に困ると私に連絡してきます。
その時は仕方ないので、仕送りします。
自分の親だから、ある程度の仕送りは仕方ないと思いますが、、
最近では、頻繁に連絡があります。

 

歳をとってから、お金が無いっていうのは、惨めなものです。
この先、年老いて行く親が、仲良く、ほそぼそとやってくれたら、それなりに私も援助していけるけど、、老後になってから、一緒に暮らしたくない…と言う母。

普通、年老いた夫婦は二人で仲良く助け合いながら暮らしていくのに…。本当に困り果てています…
母は若くして、最初の夫を無くし、必死に子供を育てくれたのは事実ですし、感謝しています。しかし、母にとって「男」は生きて行くために必要な道具に過ぎないのかと…

そんな母を、私も妹も、きっとこの先も、愛していくのでしょう。
私達が見捨てたら、母の人生は、惨めなものになってしまうから。

 

夫婦ってなんなんでしょうね…

 

愛し合って、結婚したのに、いつしか気持ちが冷めて、愛せなくなり、別れる…
そんな夫婦もいる。

私は、旦那さんと、結婚して良かったと心から思っています。
結婚して、20年以上経ちますが、旦那さんの事を今でも、愛してます。
そりゃ、長い道のり、色々ありました(笑)
離婚したいって思ったこともあります(笑)

 

結婚する時に私の家の複雑な家庭環境の事、義父の事、母の事を旦那さんに全て話しました。母の男性問題は詳しく話してはいませんが、普通の人なら、気付きますよね(笑)
しかし、旦那さんは一切とがめることもなかったですし、非難もしませんでした。
私は、結婚出来ないかも知れない…と思っていました。しかし、旦那さんは、、「結婚するのは、お前で、親じゃないから。親の過去は俺には関係ないから…」と。
同じ事を旦那さんの両親からも言われました…
何と、心の広い人達だろう…私はこの人と結婚しようと思いました。
旦那さんが優しいのは、あの優しい両親が育てくれたからだ…と。

 

休みの日に旦那さんと息子と二人で出かける事がたまにあります。

「お父さんね、俺と二人で出かけると、お母さん話をするの知らないでしょ?お母さんの事誉めるんだよ…」と、息子。

「お母さんは俺達が小さい時から、仕事をして、色々と仕事は変わってきたけど、、辞める時には次の仕事を決めて、仕事が途切れた事がないし、何処の職場に行っても直ぐに友達をつくる。それって、できそうで、中々出来ない事だよ」と。

「それに、おおざっぱだけど(これは否定出来ない(笑))家事も、やってるしね」と。
この事を聞いた時、正直ビックリしました。日頃、旦那さんから、誉められた事なんて、一回もないから(笑)

そして、息子は、、

「お父さんは、お母さんの事、めっちゃ好きだからね、これは息子の俺が保証する」と。
何とまぁ、嬉しいことを言うんだろうか、やっぱり、息子は可愛い!

 

日頃から息子には、女性に「何歳に見える?」と聞かれたら、5歳以上は若く言えと教育しています(笑)
男子たる者、如何なるときも、紳士であれ!と(笑)

息子も、「俺は女性に対してめっちゃ紳士だからね…」と(笑)
よし、よし、それでこそ、我が息子。

旦那様、あなたの息子も優しい人に育ってますよ。
ありがとう…

 

【701号室】本当に好きな人、本当に書きたい事





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed