アンノイス(中島晴香)@グランドハイアット【動き始めた三人組】

アンノイス:クイーンと王子二人

音楽でも映画でもお世話になってる中島晴香嬢のバンド「アンノイス」をキャナルシティーのグランドハイアットホテルロビーに見に行く。家族で。

いつもは通り過ぎるか、向かいの噴水ショーを見るだけだけど。
さすがにホテル。ソファも空間の雰囲気も素晴らしい。

まあ、三人で一杯ずつ飲んでも5000円超えってのも、息子にはいい経験(笑)

 

噴水ショーが爆音で始まるのと同時に彼女たちの演奏が始まる。
一曲目。
何の曲だろう?
すごく堂々とした、情景も見えるし、言葉とメロディーと演奏が寄り添う素敵な曲。
中島晴香のソロでのオリジナルとは毛色の違う、アーバンなポップス。
聞くと、これがアンノイスで作ったオリジナルらしい。

バンドが動き始めたんだなと思った。

 

何度か見たいままでのライブは「ソロシンガー&バックバンド」の音だった。
ソロでのちゃんとしたキャリアと、美貌。それを支えるこれまた王子のような二人。
きちんとした三角形のイメージだった。

この日は、整った三角形でなく、三人がうまく絡まってグルーブを生んでいた。
各人がやるべきことをやってるだけなんだけど、バンドになってた。
北田くんのギターソロのコーナーも、よかった。

 

本当に美しいのに、MCのそっけなさや、子供っぽい「可愛い」ところもある中島晴香。
北田くんの綺麗なギター。
アムロくんのこれ以上は絶対装飾しない!という真の通ったカホン。

サウンドの核があった。

 

おじさんは楽しみじゃないか!

毎週日曜。夜八時から40分のステージを4回。
すごい鍛えられてるね。

特に中島晴香はこのソロで大分で歌った後とんぼ返り。
そういう中から本物は現れる。

きついなぁ。
と思うことはまだあまりないかもしれない。歌を歌うことが好きなんだろう。

このつめつめスケジュール。
仕事と両立して歌うということ。
歌を仕事にするということ。

本当に大変だと思う。

 

でも、それはシンガー(ソングライター)を目指すすべての人の憧れであり、昔の自分の憧れでもあるはずだ。

 

憧れられる人になる。
憧れられる人でい続ける。

 

そんな素晴らしい挑戦を彼女はしてる。
おじさんは目立たないように君たちを応援してるよ。

 

 

彼女が主演の僕の映画。完成はもう少し先になりそうだ(笑)

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed