25年目のツインピークス【あの頃と同じ二人で】

ツインピークス。

二つの山と滝のある街で起こるクライム。
善人と悪人の境目がわからない。
アメリカのTV番組。

映画が大好きだった20代の僕らは、すぐさま、はまった。

アメリカのTVといえば「奥様は魔女」的なワンセット物なイメージしか持っていなかったけど、ツインピークスはさすがブルーベルベットのデビッドリンチ。
謎が謎を呼び、中だるみして、最後はテーブルひっくり返す(笑)

 

序章と呼ばれてるパイロット版に漂うムードが大好きで。
チェリーパイは未だに好きになれないけど、コーヒーとドーナツをテーブルいっぱいに並べたくなるし、チカチカ点滅し始めた切れかかった蛍光灯を見るたびに「あ!ツインピークス!」と思ってしまう。

 

そんなドラマが帰ってきた。
リンチ監督で。

25年前に見たドラマの続編を、25年経った二人がソファで見る。
ほんとに素晴らしいことじゃないか(笑)

 

第1話が先行して放送されるということでWOWOWを予約録画。
楽しみにして再生すると

「日本語吹き替え」

愕然。

 

クーパーは日本語話さないぞ(笑)

 

がっくりと肩を落としてると

第1話から4話まで!二ヶ国語放送という番組欄が。

 

え?二ヶ国語ってどうやって録画するの?
いろいろ触ってみる。
すると、予約録画詳細みたいな画面で「主音声」「副音声」が選べることが判明(笑)

「副音声」を選んで、またの予約録画。

 

今度こそ!

 

見始める。ドキドキ。

おお!冒頭の逆再生セリフのところは字幕+英語だ!
ヤッターーーー。

ソファに座り直す二人。

ところが。

 

本編に入って、普通のセリフになると字幕が消えた。
英語だけ。
(そりゃ副音声だもんね)

 

嘘やろ。

 

 

さすがに英語だけでは聞き取れないので、中断。
沈黙のリヴィングルーム。(セガールではない)

7月月末から、「字幕版」が放送されるらしい。
おとなしくそれを待つことにした。

 

WOWOW、ドラマが吹き替え版が多くていやだ。
字幕版もちゃんとやってほしいな。

 

というわけで25年目のツインピークスは月末まで延期。

 

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed