FACEBOOKタイムラインに並ぶ右と左。いろんな人がいるのがいいよね。

自分と同じ意見の人と繋がりながら、違う意見の人はブロックする。
それがSNSの特徴だと思う。

よく
「そんないやなら、見なきゃいいじゃん」
ていう意見があるよね。
それって大正解のようでもあり、大失敗のようでもあるんじゃないかな〜。

僕はすぐに影響されるので(特に悲しみの浸透圧が高い)悲しいニュースは見ないようにしてる。
まっすぐ立ってられないから。
そういう意味ではテレビのニュースをあまり見ないのも「ブロック」と言えるかも。
これは、身を守るための手段。

 

FACEBOOKは実名で、しかもあったことのある人と繋がってるのが面白い。

僕自体はどの政党の指示もしない。
現政権のエネルギー政策や騙し討ち的憲法改正は「悪」と思ってる。
同時に「解釈頼み」でその都度だましだましやるのもおかしいと思ってる。
かなり左寄りで、この祖国に何も思い入れがない。
でも外山さんほどアナーキストでもない(笑)

 

僕の FACEBOOKのタイムラインには

安倍総理万歳

安倍死ね

も並んでる。

どちらも個人の意見だから、あって当然。
実際にあって話をすることもあるし、右寄りだからもう友達じゃない!なんていうこともない(あ、少なくとも僕は。ブロックされたことは何度もある笑)

だってさ、いろんな意見が入り混じって、誰もが発言できる場があるのが正常だよね。

いろんな野球チームが好き
アンチもファンも入り混じってワーワー言ってる。

どうして「政治」だけ、「あ、こんなこと言っちゃまずいんじゃない?しょっぴかれるよ」なんてことになるんだろうね。

 

政治家なら、発言は気をつけるべきだけど、僕ら政治家じゃない。いちファンか、いちアンチだ。
ということは途中で意見が変わるのも自由だし、発言も自由。

 

政治も映画も音楽もバラエティーも、同じ土俵だ。
誰かに任せていいものじゃない。

 

52歳になるこの頃、昔より「人任せにして、文句をいう」人たちが増えてる気がする。
文句を言うべき人に言ってるか?
意見を言うべきところに言ってるか?
何よりも、自分の考えを「正解」と、しすぎてないか??

 

最近話題になった「少年ジャンプのエロ本化問題」も、そうだと思うんだけど。

何かあった時に

  • それが気になって是正したいと思う人
  • 特に気にならない人
  • むしろ正しいと思う人

が存在することは当たり前なんだと思うようにしてる。

どちらが悪か?ていう問題じゃない。
自分はどちらがいいか、は大いに発言すべきだけど、反対意見は「悪」だ!と決めつけるのは高揚感を得るためだけなんじゃない?と思う。

 

いいか、悪いか、じゃなくて
好きか、嫌いか。

そしてそれは他の人に強制したり、賛同を求めるようなことじゃないかな〜。

 

個人が個人的に、個人的な話をするのが気持ちがいいなぁ〜。

 

そりゃ僕だって

  • 国民主権をなくさないと何もできない
  • 脱原発なんてとんでもない

なんて言ってる現政権には「うへ〜まじかよ〜」と思うけど、そう思う人がいてもいいと思う。
どんな考えの人だって、いていいんだ。

 

それよりも気持ちの悪いジェラシーをぶつけまくってくるわけのわかんない人の方が「ブロック」したくなるよ。
まじで。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed