ステージ4のがんと診断されたら、最愛の人を亡くしたら、どうなってしまうだろう…考えてみた。

先日、フリーアナウンサーの小林麻央さんが、34歳と言う若さで他界されました…
日本中が悲しみに暮れました…

麻央さんが、自分の身体に異常を感じたのは2014年の2月でした。海老蔵さんと一緒に人間ドックを受けた時のことです。左胸に腫瘍が見つかりました。
腫瘍が見つかった時、勸玄君の授乳期だったそうです。授乳期におっぱいが張る事は普通だし、授乳期の「しこり」でいちいち乳がんを心配する必要はないと
知人の専門医からも言われて、安心していたそうです。
実際、超音波とマンモグラフィーの再検査を受け、
「がんを疑うものではない。授乳期のしこりは心配ないですよ」と言われたそうです。

専門医に「心配ないですよ」と言われて疑わないのが普通の人間ですよね…
私でもお医者様の言葉を信じると思います。
この時、麻央さんは細胞の一部を取って調べる「生検」はしなかったそうです。
もし、「生検」を行ったとしても、ガンだと判明したかどうかは、いまとなっては確認する術はありませんが…

麻央さんは、ブログに…

【あのとき、もっと自分の身体を大切にすればよかった。あのとき、もうひとつ病院にいけばよかった。あのとき、信じなければよかった】と綴っています…

それから、8ヶ月後の2014年10月にパチンコ玉くらいのしこりが見つかりました。気づけば、、念のために再検査を受けて下さいねと言われてた夏は過ぎていました…
下された診断は【ステージ4の乳がん】同時にリンパ節への転移も確認されました。その段階で手術で切除するのが一般的な治療です。しかし、、麻央さんは、、
【切らない治療】を選びました。その時点で、麻央さんが通っていた都内の病院でも【早目に切るべき】と治療方針が示されました。しかし、海老蔵さんと麻央さんは【切らない治療】を模索していました。やはり、麻央さんは、乳房にメスを、入れるのは、避けたいと考えたのでしょう…
女性なら誰だって、同じ事を考えます。ましてや、34歳と言う若さなのですから…
それは、病院の治療方針とは違うものでした、、結果病院を移ることになります。なぜ?麻央さんは切らなかったのでしょう?
まだ、若いから、心のどこかで、三人目を…と考えていたのかもしれませんね…

あのとき、乳房を取っていれば……
がんは治ったのでしょうか?麻央さんは死ななくてすんだんでしょうか?
それは、誰にも分かりません…
本当に無念です…
運命を恨みます…

2016年、イギリスの報道番組で「影響力をもち、ひとの心を動かす女性」の一人に選ばれた麻央さん。

【麻央さんの手記】
“人の死は病気であるかにかかわらず、いつ訪れるか分かりません。

例えば、私が今死んだら、
ひとはどう思うでしょうか。
「まだ34才の若さで、可哀想に」
「小さな子供を残して、可哀想に」
でしょうか??

私はそんなふうには思われたくありません。

なぜなら、病気になったことが私の人生を代表する出来事ではないからです。

私の人生は、夢を叶え、時に苦しみもがき、愛する人に出会い、2人の宝物を授かり、家族に愛され、愛した、色どり豊かな人生だからです”

 

 

ステージ4の乳ガンと診断されてからも、前むきに、そして気丈にブログを綴り続けました…
本当に強い女性です…
自分の生きた軌跡を子供達に残す為に、ブログを書いていたのでは、ないか、、と私は思います。
自分が、亡くなっても、子供達には、母親の記憶を残してやりたいと……
そして、何より、子供達に強く生きて欲しいと言う願いがあったのだと思います。

もしも、私が、今、ステージ4の乳ガンと、診断されたらどうなるんだろう…と考えました。
間違いなく、泣き崩れ、やり場のない悲しみを家族にあたり、、精神的に落ち込み、家族に迷惑をかけると思います。
だって!死んでしまうんですよ!
尋常ではいられないと思います。死にたくないです!私は、弱い人間ですから…

日頃、自分の思い通りにならないと、イライラしたり、家族にあたってみたり、、まるで、わがままな子供になってしまいます。
いい歳したおばさんが、みっともないです。家族は、感じ取ってくれて、、
特に、息子は、優しいので、、「無理するなよ…」と言ってくれます。
そんな時、あ、、私は、家族に支えられているんだなぁ、と実感します。

麻央さんも最期は自宅で家族と過ごし、愛する家族に看とられて、、幸せだったのかな、、、と思います。
本当に悔しいですが…

麻央さんは人間ドックを受け、そして、再検査まで受けて、、そして、念押しの再再検査を怠ったために(ほんの少し時間を置いてしまった為に…)亡くなってしまいました。

運命の悪戯(いたずら)としか、、いいようがありません。
麻央さんが亡くなってしまった今、誰も、何も、恨んでも仕方ないのですが、、
海老蔵さんは、「あのとき
病院に行かせれば、、
あのとき、乳房を切除していれば……」と自分を責めているのではないでしょうか?
麻央さんが亡くなってからも、悲しむ暇なく、舞台に立ち、子供達の面倒を見て…
私は、この先、海老蔵さんが精神的に参ってしまうんじゃないか…と心配です。もうすでに、精神的に参っている症状は出ているみたいで、、
息子と舞台で宙吊りになっていた海老蔵さんを見て、「あっ、、いつもの海老蔵さんの顔じゃないな…疲れきってる、目に覇気がないな…」と思いました。あたり前ですよね、、愛する妻が、亡くなって、悲しむ間もなく、仕事、仕事の日々。普通の人なら、どうかなってます!

幼い子供達も母親の「死」を何となくわかってはいるものの、実際は人の「死」の意味なんて分かりっこないのです。「ママ、天国にいっちゃった、、でも、戻ってくるかかなぁ…」と言う感じだと思います。
仕方ないことです。子供に理解できる訳ないのです。
母親の記憶は時間と共に薄れ(悲しいけれど…)そのうち、子供達の記憶から、消えていくのが現実です。
実際、私も2歳の時に実父をがんで亡くしていますが、全く記憶にないです…
海老蔵さん達のお子さん達より小さかったと言うのもありますが、、
悲しいかな、、それが現実です。人間って、過去を引きずったままじゃ生きていけないのです。
子供って成長するにつれて、置かれている環境にすぐに、順応していくのです。全く違う環境になっても、時間が経てば、それが自分の居場所だって、、思うのです。
大人より、子供の方が環境に慣れるのは早いです。
むしろ、大人の方が、、環境に慣れるのに時間がかかったり、順応しきれずにリタイアしたりするのです。

子供って凄い!
大人が、考えるよりずっと強いです。

海老蔵さんの子供達も、きっと、母親を亡くして、寂しく、辛い思いはしていますが、、きっと、、いつかその辛かったことは忘れてしまうのです。それでいいのです…
子供達には、新しい人生が、待っているから…
勿論、全く忘れてしまう訳じゃぁないと思います。心の奥には、優しい母親の記憶はちゃんと残っているから…

むしろ、海老蔵さんの方が
この先、麻央さんを亡くしてた喪失感と、自分が何もできなかった、、と言う、、自責の念に押し潰されはしないかと…心配です。

 

私自身、高校の同級生を若い時に胃ガンで亡くしています。友人の子供はまだ、幼稚園でした。
体調不良に気付きながら、病院に行くのを先延ばしにした結果、発見された時にはステージ4の胃ガンでした。延命治療も虚しく、、半年で亡くなりました。本当に悲しかったです…
それ以来、私は、健康診断を年に一度は必ずします。乳がんと子宮がんで、再検査になる時があります。乳がんは細胞の一部を取って「生検」もしました。しかし、がんを疑うものではないと言う結果で、ほっとしています。
私が必ず健康診断に行く理由は…今、私が【がん】になったら、私だけの問題ではなくなるからです。家族全員の生活を「ガラッ」と変えてしまうからです。それは、やはり耐えられません。
今のまま、、穏やかに生活してもらいたいから……

今回、同時に、私は最愛の人を亡くしたら、どうなるんだろう??と考えました…ちょっと、想像がつきません。普通の精神状態ではいられないことは分かるのてますが、それ以上のことは、、今の私には分かりません。考えた事もないので…
でも、いつかそういう日はやってくるんですよね…
悲しいけれど…

その時、現実をきちんと受け止められる、そんな人間になりたい…と思います。

 

【701号室】本当に好きな人、本当に書きたい事





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed