マイ・ビューティフル・ガーデン感想【アメリとマイ・インターンその他】

 

マイ・ビューティフル・ガーデン:可愛いくて面白い映画のいいとこ取り

自分の世界に閉じこもった女の子が、あるきっかけで外へ歩き出す。
もう使い古されたストーリーをリマスタリングしたように美しく描いた佳作。

アメリや、マイインターンや、その他ハリーポッターぽさもあるし、北欧のコメディーの匂いもする。
悪い奴が一人も出てこない、気持ちの良さ。

小物、服飾、食事、ロケーション。
人物像、音楽、テンポの良さ。

ああ、こういう「小品」のすごいのを見せつけられると、映画人の底力みたいなのを感じる。
今映画界はとてもよくない気がする。
あ、日本で配給されるものしか見てないけど。

  • なんかでっかいバジェットとか
  • なんとか2とか
  • ベストセラーの映画化とか
  • ドラマの映画化とか

そんなのがあまりに多い。

いや、大味な映画も好きなんだよ。大スクリーンで見るとスカッとするもんね。

 

 

でも、映画ってそれだけじゃない。

感動!とか
全世界が泣いた!
じゃなくて。

その暗がりにいた2時間弱くらいがすごい気持ちがいい。
そんなのもあっていいんじゃ。

 

マイ・ビューティフル・ガーデン:知らない世界への一歩

自然がとにかく苦手な主人公。
きっちりとした法則の中で生きる(でも遅刻魔)
あまりに荒れ放題の庭に苦情がきて、綺麗にしないと追い出す!と言われる。

  • 偏屈な隣人
  • 道化ぽい隣人のコックさん
  • 職場であった変な人
  • 職場の上司

キャラクターもそれぞれ特徴的だけど、まあ、目立ってすごいわけじゃない。
ただ、その「塩梅」が素晴らしくいい。

それぞれのキャラクターを理解して演じる役者も、愛情を持って書かれたオリジナル脚本も。
全てが優しく、そしてプロフェッショナル。

美しい庭の話ではなくて、美しいファンタジーの話。

 

自分では向いてないなぁと思ったり、やったことないことだったり
人生には手を出さないことがいくつもある。

でも、やってみたら案外面白いかもしれないし、新しい発見があるかもよ。

そんな軽めのメッセージが心地よい。

 

亡き妻とのエピソード(主人公の二人の男性はどちらも妻を亡くしてる)も効いてるし、何しろ「鳥ロボット」が美しすぎる。

映画館でおおーと声が出た。

 

マイ・ビューティフル・ガーデン:大人の観れる、普通の映画

まあ、夏休みが近いせいで、あちこちのシネコンに、子供向け&子供騙しの映画が溢れる中、普通の大人が休日にふらっと寄れる映画館がKBCシネマしかないのはちょっと問題だ。

小さな部屋ではあったけど、まあまあの入りだった。
求めてるんじゃないかなぁ。
イベントではない、普通の良い映画を。

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed