生まれて初めてCDを買った日【六本木WAVEというレコード屋さんの思い出】

生まれて初めて自分でお金を出して買ったレコードは、多分アニソンか何か。シングルレコード。
サイボーグ009(その当時の新しいやつね)とか、宇宙戦艦ヤマトとかの「Am」ぽい曲が今でも好きなのはその辺の影響やろね。

でCDの話。

初めて買ったCDはハリーコニックjrの「20」と言うアルバム。
まだCDプレーヤーは持ってなかったし、パソコンもないから聞けないんだけど(笑)

僕は東京でグラフィックデザイナーの見習いのようなことをやっていた。

生まれも育ちも北九州の僕にとって、東京はとにかくものすごく。
本でしか見たことのないレコードが、実際にあるのを初めて見た。

 

20歳の頃、北九州でレンタルレコードと輸入レコード屋さんが合わさったお店でバイトしていた。
名盤100選とかの本を見ながら、勝手に注文しては、バイト代は全部レコード代になっていた。
でも、北九州の小さな町の輸入盤やさんには、注文しても届かないものが多かった。

そんな夢のようなレコードが実際売り場にあって、触れて。

一番通ったのは六本木の地下鉄駅のすぐ上にあった「六本木WAVE」
ミニシアターも併設してある。
とにかくお洒落なお店。

ある日そこにピアノ弾きがきてた。
今で言う所のインストアライブだね。
その男が「ハリーコニックjr」今では超大物。ゴッドファーザーの挿入歌を歌うくらい。

 

22歳だった僕より年下か、もしくは同じくらいの、とにかくかっこいい青年。
その彼がピアノを弾き、歌うんだ。
シナトラなんかを。
ロックも大好きだけど、ジャズボーカルも大好きだった僕には神様に見えた。

しびれた。

ストライドピアノと言う演奏方法で。

 

CDを買うとサインしてくれると言われて列に並んだ。
僕はその頃(今もだけど)デカ顔と呼ばれてた。
でハリーコニックにそのことを言うと、サインに「to big face」と書いてくれた。絵入りで。

 

CDプレーヤーを買ったのはずいぶんあとになったけど(笑)

 

今まで何枚のレコードやCDを、生活費のために売っただろうか(笑)2〜3000枚くらいかな?
i-tuneができてからは、取り込んで売ることができたけど、もう二度と会えないレコードやCDもある。

ハリーコニックjrのCDは、ケースは折れ、傷だらけだ。
でもずっと、ある。

彼の歌った歌とピアノ。
とにかくかっこよかった。

 

生の音楽、それもライブハウスやホールじゃなくて店頭で。
しかも、超一流でハンサムで。

 

こんなことが日常的にあってる東京ってすごい!と思った。

いい音楽に会える町。東京。

 

あ、ここで僕はお客さんとしてのでヴィッドシルヴィアン(JAPANと言うバンドのシンガー)を見た。普通にレコードを買っていた。

あ、佐藤浩市も見た。ヤクザのようにオーラが恐ろしかった(笑)

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed