#フレーヴォミュージック:ギター教室の発表会にお邪魔した。初めてギターを手にした時の高揚感

さて、斜め45度企画で阿片戦争をやる前に少しばかり寄り道を。

今は活動準備中のマイバンド「クルー・オブ・ブルー」のギタリストの日高さんはギターの先生でもあって。
その発表会が我がホーム「キャバーンビート」であ流。そのオープニングアクトをやってください!とのご依頼。

日高さんとやるのは「サマータイム」の日本語版。
お互いにソロをやりながら。基本は僕が弾き語りで、日高さんがからむ。みたいな感じ。

 

おー楽しみやねー。ということで軽〜い気持ちでキャバーンビートに。

しかし!空気が違う!一人一人が醸し出す緊張感!
わわわ/こりゃ大変なところに来てしまった。
僕もすごい緊張感。

ひえ〜〜〜!

一人一曲ずつ。20人以上の生徒さんがいろんな曲をやる。

そのオープニングに歌う。

 

日高さんのギターワークをみんな見てる。
真剣そのもの。

自分が歌ってる時は、全然余裕がないので客席を見れなかったけど。

 

gigiまで少時間があったので4人目まで見ていくことにした。

素敵な緊張感。笑顔と冷や汗。

ステージって、本当怖いよね。
いろんなこと思い出した。

高校生の頃はバンドをやってたけど、ライブなんてほんの数回。
その頃のことはよく覚えてない。

でも社会人になって初めてステージにたった37歳の頃のことは覚えてる。
アンプの電源の入れ方も忘れてた。
どのくらいの音で弾くべきかも。

緊張したなぁ。

 

ギターは、一生のお友達になる。細く長くでも、続けていけるといいね。
僕も最初「F」コードが全然できず。諦めた。

でもどうしても弾きたくて「F」コードの曲を避け(笑)そして、あったとしても「F」を「Dm7」に置き換えて弾いた。低い弦をひかないようにして。

今でもその考え方は変わっていない。

  1. まずは始めよう
  2. できないことは避けていこう
  3. そのうち満足できなくなるからできなかったことに挑戦しよう
  4. うなくなる前に人前でやろう
  5. 緊張と解放を味わおう
  6. もっと上手くなりたい!っていく気持ちが自然に湧く

この順番。

ギターなどの楽器はそんなに高価なものでもないし、一生続けられるから楽しいし、僕みたいな初老になった時、若い人たちと一緒にできることってなかなかない。
でもギターはそれができる。

どんな仕事の人でも。
ちょっとした時間でできる。

 

どんどん始めたらいい。

楽しんで、苦しんで。

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed