君の縄。【久しぶりにAVを借りてみた】18禁コーナーに入ったことのない人へのレポート

君の縄。いわゆるアノ映画のパロディだ。

いやあ。アダルトビデオ借りるのって久しぶりだ。
チェックはしてるよ。
あの「18禁」て書いてる暖簾ぽい向こう側の世界は大好きなので(笑)

多分「君の名は。」の大ヒットのせいで、この作品の画像をよくネットで見る。
普段AVを借りない人をも巻き込むんじゃないだろうか?
それとも、若者はDVD借りずにストリーミングで見るのだろうか?

 

AV女優さんって何人くらいるんだろうね。
ものすごい数の女優さん。
デビュー〜引退までのサイクルは短いだろうけど。
あ、でもプロレスラーみたいに「引退」して別のイメージで「復帰」する人もいるしね。

 

君の縄。設定はいわゆる「巫女もの」

「縄」というからにはSMでしょ?とお思いの方には、そこまでアピールしないかも。
でもジャンルでいうと「マニアック」というコーナーに置いてあった。
近所の某ショップには3本入荷してて、2本は貸し出し中だった。
すごいよね。

もちろん、他の誰もがするように、他の普通のDVDと合わせてレンタル(笑)

エロくないところをキャプチャしてレポートします。

 

主人公は「アヤネ」。
君の名は。では入れ替わった後、胸を揉むシーンがある。
ここでは入れ替わりは全然なく。
普通に一人エッチシーン。

 

「私はアヤネ。朝、おナニーしてからじゃないと起きれない、ごく普通の女子高生」
「でもうちにはいろんなしきたりがあって、私、立派な巫女になれるのかしら」

赤い紐の登場だ。

 

最初のからみは「許嫁」と。

高校から帰ってきたアヤネに。

 

「かはたれ時までにマグワらないと、立派な巫女になれない」と、迫る。

 

普通のセックスシーンから入っていよいよ「縄」の登場だ。

「本番の儀式のために、今日はこの組紐を使って練習しよう」

 

本物のSMものと違うのは、縛りはそこまで重要じゃない感じのところ。縛りファンが見たら「なんじゃそれ」って思うんじゃないかな?でもそんなのは関係ない。
このAVを借りてる人はそれを見たいわけじゃないだろうから。

 

縛られてのセックスにものすごく感じて、「はじめての快感!」に震えるアカネ。

 

「私!もしかして!イキまくってる??」

 

 

君の縄。口から液体を出す、飲む。AVの萌えを取り入れてたんだね本物は

君の名は。を見てて思ったのが萌え要素、エロ要素。

女子高生が口に液体を入れて、出す。とか、まさにあれじゃん!

エロジャンルでいうと「ごっくん」もの。精子を飲むやつ。
そういうエグめのところはさすがにAV。時間長すぎ〜〜ってくらいある(笑)

いつも思うんだけど、AVのセックスシーンを飛ばしたり、早送りしたりせずに見る人ってどのくらいいるんだろう。
結構退屈だよね。

 

君の縄。後半は巫女になる儀式という名の乱行

後半はほとんどセックスシーン。
退屈。

最近のAVって収録時間長いんですよ。
チェックはしてるから知ってるけど(笑)
オムニバスものなんて8時間!とかあるんだよ。

一週間レンタルでも、結構大変(笑)
若い時ならいけたのかもしれないけどね(笑)そこは老いを感じるなぁ。

 

乱行セックスシーンが終わって、エンディング。
君の名は。で見たような街の風景や、空。空を分けていく飛行機雲なんかが映る。

 

この辺はよくわからないけど「聖地巡礼」的なものなんだろうか?

そして、落ちです。

ワタシノナワ

 

 

 

君の縄。ピンク映画時代にはよくあった、愛情あるパロディに近いのかな?

「ぬけない!」なんていう評価がたくさんあった。
そうかもね。だってAVのフォーマットのシーンと、映画のパロディとが混ざり合ってるから、AVとして「使用」しようとすると無理があるかも。

でもそのくらい「君の名は。」がポピュラーで愛されてるんだなぁと思った。

 

女の子は割と可愛かった。
しかし20数年前とは女の子のレベル上がってるなぁ。可愛いアイドルぽい人結構いる。

 

>>>本物の「君の名は。」の感想はこちら。

 

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed