てんてこ舞いで萠珈がキレた夜【じっとりとしたサマー】

インターネットの商売は、連休はキツイ。
何せ、ネットを見てる人が少ないのだ。
逆にその間にいろいろ準備をせにゃならんのだけど、いろいろトラブって。
しかもサポートセンターは連休はお休みで。

本当に後ろで雅楽団がでんでん太鼓を「テンテコテンテコ」鳴らしてるところをくるくる回るような日々が続いて。
日帰り帰省もして。
ああ、てんてこ舞いin Meて感じ。

 

ああ、クリエイティブが見たい。
ヒリヒリする歌が聞きたい。

 

7月には一週間に三回も萠珈を見たせいで、萠珈耐性が出来上がっていて。
ここんとこ全然ヤッテネえ、と気づいた。(通常、一般人は月に一回程度、萠珈を吸入すればいいらしいが)

仕事と仕事の間をぐしゃっと潰して抜いて、1時間だけゲリラハウスに行くことにした。

 

駐車場で、手間取る車にイライラして、なんとか停めて。
走って行った。

 

ドアを開けると

 

「ギロチンギロチンシュッシュラシュッシュ」と太宰の斜陽が。

 

 

まだ始まったばかりのよう。
とりあえすノンアルビールを!

 

飢えた体に、上物がグイグイ入ってきて。体が緩むー。

 

この日はえらく素敵なワンピース&スニーカー。
二つほど時代をさかのぼったようなムード。

 

ジメジメしたセットリスト、とは言ってたけど。
このワンピースは一滴の清涼を与えてくれる。

 

 

「私」と萠珈は歌う。
必ずしも萠珈自身ではない。同時に彼女自身でもある。
芝居がかってる、というべきか、
「女優」と「役柄」が微妙に違うように。

萠珈の歌は萠珈が歌うべきものでもあり、でも、他の誰かが口ずさむべき歌でもある。

 

彼女と歌詞についての話、コードについての話をするのが好きで、「歌詞は文学じゃなきゃいけない」という共通認識があると勝手に思っている。

もちろん彼女の世界と僕の世界は違うよ。

 

歌詞の、響きを含めた「耳に来る言葉」を聞くと、グッとくる。
萠珈の歌はキラーフレーズがゴロゴロしてるし、太宰を拝借もする。

 

 

この日、いろいろいい話を聞いたりして思った。
彼女は日本中の「どのクラスにも、オフィスにも必ずいるひとりぼっちな人たち」へ歌を届けなきゃいけない。もう、覚悟を決めて、音楽に殉死するくらいの。

大勢のひとりぼっちのために、自分自身を生贄として捧げてほしい。
みんなで静かに歌える歌。
奇声をあげずにゆらゆらと揺れる歌。
そんな歌をもっと多くの人へ届けるべきだ。

 

初老のおっさんでさえクリエイティブ熱が再燃するんだ。
萠珈はもう、それをやらなきゃ。
感染者を増やしていかなきゃ。

パンデミックはもうすぐ。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed