handicapsの熱い夜@uprising【メンフィスのなごり雪&ささやく阿片と、吠える愛】

チャーリー林のバンド「ハンディキャップス」のライブに「阿片戦争」として誘っていただいた。
「なんか変な奴見てみたい」てな理由だと思うけど、誘われるなんてめったにないからそーとー嬉しかった。

会場入りすると、バンドが爆音でリハをやっていた。
オオオオオオオオ!!マイガー!

すげえところに来ちまった。

チャリーはいつも以上にぶっとくて優しい声で。
バンドメンバーも大人なやんちゃ共。
なんか楽しい夜になりそう。

リハが終わって開場まで「前打ち上げ」。
アルコール酵素障害のある僕はいつものようにノンアルだけど、みなさん美味しそうに飲んでらっしゃる!!!

今日の共演者の一人、JO-ISHIDA君のバンドメンバーの「石」のつく人(笑)と、初めて話したのに盛り上がった。彼らはSTONESだね。
なんか同じような空気を持ってるなぁと、護国神社でライブを見た時から思ってた。
嬉しい〜〜。

音楽は新しい友達ができるのがいいね。

気持ちが良くなって会場へ。しかし、自分の出番の前はやっぱナーバスに。
そこを和らげてくれたのがJOくん。

こないだ見た時はフィドルの入った3人組だったけど、今日はDUO。そういう形態自由なのも音楽の楽しさだ。

最近英語の曲にどハマりしてるので、本当の英語、すごーい気持ちがいい。
乾いた風がさらっと吹いて。
赤茶けた山が向こうに見える。
アコースティックギターDUOの、それぞれのギターの役目がしっかり分かれてる演奏って大好き。僕もサポートではそういうの目指したいなぁ。

 

で。私、阿片戦争。
せっかくネイティブ英語と、英語を身につけた日本人がいたので、掴みになんかやろうと思った。

「阿片戦争やけん、気持ちいいってことで、ニーナシモンのFeelin goodをさわりだけやるかな」

一曲目に、最初のヴァースだけやった。
間違えたし、聞き取れんかったと思う(笑)大失敗!練習しよ!

  1. 紅茶の代わりに阿片を頂戴
  2. せめて(summer time)
  3. バイヤー(ハートに日をつけて)
  4. 爽快だよね(dont look back in anger)
  5. 阿片のロックンロール
  6. 白樺の森

というセットでした。( )は元歌。
途中、阿片戦争の看板と阿片君が落ちたりしてhandicapsのダブさんに支えてもらったりした。ありがとうございました。

阿片戦争のCDと呼称されるものも売れました。
買ってくれた人、楽しんでください。
くれぐれも取扱注意で(笑)

自分のライブの出来はなかなかわからないけどケイクマガワが「今まで見たサニーのライブの中で一番やった」と言ってくれたし、JO君も「SOUL MAN!」と言ってくれたので嬉しかった。

阿片戦争。また呼んでいただけると嬉しいです。
そして阿片戦争他、僕の情報はこちらです。チェケラ!

>>>サニー・オフィシャルサイト

 

ハンディキャップスは超大型の台風。バラードなんてないのに胸にグッとくる!

真打登場です。お客さんのテンションもクライマックス!!!

音の固まりがど〜〜ん!と。やってくる。
でかいし、ハウリングもする。
でも、耳障りじゃないんだ。

すごくびっくりすることよ。これって。

で、全ての音の上にきちんとチャーリーが歌をのせてるんよ。
重機の上にきちんと大砲が乗ってる感じ。

曲はお馴染みのものが多かったんだけど、全然威力が違う!
爆裂音がすごい。

で、聞いてて楽しくなる。

お客さんも大盛り上がり。

本格派博多ビートをがっちりと受け継ぐ骨太なロックバンドの音。
その中で一人「NO NY」なギターを弾くダブさん。
ハンディキャップスが他のロックバンドと違う音がするのはきっとこのギターのせい。
揺らぎがすごいんだ。
ニューウェーブなんだ。

 

 

 

ずいぶん前、キングビーというライブハウスがあったころ、僕はある人にお世話になってた。
その時にそのバンドでベースひいてて、すっごいニコニコ話しかけてくれた人がいた。
ほぼ素人な感じのアマチュアミュージシャン・サニーに「いいね〜〜〜」と言いながら握手してきてくれた人がいた。
ある時、その人が事故にあって、結構ひどくて。
いろいろ麻痺が出るかもしれないって話をしてて。

ショックだった。

 

その人が、ダブさんだった。

 

重機のようなリズム隊に、ノスタルジックでカラフルなキーボードが乗り、チャーリーが弾き、歌う。
そこにあの揺らぎのギターが。NO NY!NO WAVEな空気を突き刺してくる。

 

うひゃー!これすごいやん!恐竜戦車(ウルトラセブン笑)やん!

 

途中、三線を弾き語りするゲストもいて、清涼感と熱帯夜が混ぜ混ぜになったようないい雰囲気になった。

 

たっぷりと、本当にたっぷりとロックを聴かせていただいた。
マッドマックスの映画に女性が夢中になるように、会場の女性たちも大盛り上がり。

かっこよかった。

僕にはできないことだけど、すっごいかっこよかった。

 

こんなライブに出られてよかった。
呼んでくれてありがとうございました。

みなさんに御礼を言いたいです。ありがとう!

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed