岡田准一と松本潤の最も美しい時代の美しい映画…

☆映画【東京タワー】
2005年1月公開
☆江國香織の小説『東京タワー』原作

この映画は正に、、東京タワーが見守ってくれる場所を舞台に二人の青年と年上の恋人との、、純粋な恋のお話です。

詩史(黒木瞳)と透(岡田准一)、そして、、 喜美子(寺島しのぶ)と耕ニ(松本潤)。

透と耕二は高校時代からの親友で、19歳。少年の面影を残しながら、大人の顔をどこかに秘めて、、毎日を生きています。

彼らの恋の相手は互いに母親ほども歳が離れた人妻たち。好きになってはいけないとわかっていながら、彼らはどうしようもなく彼女たちに惹かれてしまうのです…

 

透と耕二は仲良しですが、性格はまるで真逆。母子家庭に育った透は孤独を愛する少年(美大生)。耕二は、自由奔放な性格で、女性には不自由しない生活を送っていました。

透は詩史が好きだと言う本を読み、詩史が好きな音楽を聴く時間を過ごしていました。彼女から誘いの電話がかかってくる平日午後4時をじっと待ち続ける毎日を過ごしています。しかし、そんな関係は長く続かず、やがて二人の関係は母親や詩史(しふみ)の夫(岸谷五郎:浅野)に知られてしまいます

不倫がバレてしまって、、
透と詩史を寝取られた浅野が夜のプールの高い飛び込み台で言い争うシーンがあります。
このシーンがまた、、いい!!
緊張しながら、、本当に詩史を愛していると伝える純粋な透と、【ガキが火遊びしやがって!!】という大人の威圧感を全身から出す浅野。ここでは、大人の男の圧勝です!
岸谷五郎が妻を寝取られた男の哀しさを見事に演じています。

彼もまた、美しい妻(黒木瞳)を愛していました。しかし、美しい妻は若く美しい青年に奪われてしまうのです。
岸谷五郎の方がお金持ちなのに…
お金では妻の気持ちはつなぎ止められませでした…

二人が喧嘩するシーンも美しい!
この映画は全体的に映像が美しいです!

ひと騒動起こり、透は詩史から別れを告げられます…
傷心を抱え一人パリに留学します。

一方、耕二は、かつて同級生の母親と関係をもち、その家庭を崩壊させた悲惨な過去を持っています。

『耕二は浮気相手の自宅で、、昼間から関係を持っているところへ同級生(平山あやが、帰ってきます。
このシーンは、寝室が、一階で、外から丸見え!って、、突っ込みどころ満載でしたが(笑)』

耕二は、彼女がいながら、偶然に付き合い始めた喜美子との関係を絶てないでいました。
喜美子は自分に興味のない夫(宮迫博之)と、噛み合わない姑との葛藤の日々…
そんな毎日に、美しく、自分の事を必要としてくれて、強く愛してくれる青年に心惹かれるのです…

しかし、取り繕うことには限界があり、やがて詩史はすべてを知った透の母親に罵倒されます。
しかし、詩史は決して若い男の子をもて遊んだわけではないことを証明するために、夫と別れて(全てを捨てて)パリの透のところへ行くのです。自分も透を真剣に愛していた。彼と私は対等なのだ、、これは大人の恋愛なのだと彼女なりの筋の通し方なのでしょう。

耕二の恋は喜美子に捨てられるかたちで突然に終わりを迎えます。女性経験豊富な耕二ですが、喜美子との恋は人生で初めて味わった本当の恋だったのです。彼も真剣に喜美子を愛していました。

母親役の余貴美子(陽子)が一人息子を育てるシングルマザーを熱演しています。とても良かったです。
透と詩史の関係を知って怒り狂います。

 

【息子の一番きれいな3年間を独り占めしたんだから、もう満足でしょ?】
と言う台詞が頭から離れません…
私も可愛い息子がいますので(笑)

【子どもを生んでないあなたには分からないでしょうけど…】

【浅野さんがいなければ今の貴女は、いないのよ…】
この台詞も良かった!

夫(岸谷五郎)は売れっ子CMプランナーだったかな…
そして、詩史はセレクトショップのオーナー。
と幸せを絵に描いたような人生…
これまた、真逆な二人…

詩史の完敗です…
しかし、詩史は透のもとに行くのです。

これまた、、喜美子を演じる寺島しのぶのフラメンコは圧巻です。1カ月しか練習していないと言う事ですが、見事です!さすが、女優さん!!
言うまでもなく、黒木瞳は美しい!

この映画は、岡田准一、松本潤といった美しい若者が、黒木瞳、寺島しのぶといった年上の人妻と不倫にのめり込んでいく映画ですが、、それ以上に映像の美しさに魅了されます。岡田准一、松本潤と言う二人の美しい青年の最も美しい時代の映画です。
本当に綺麗な二人です。

今では、俳優として高い演技力を評価される岡田君ですが、この【東京タワー】
では、未熟ながらも、大人の色気も感じられます。
美大生のナイーブな感じも私は好きです。

岡田准一、この先どんな俳優になるのか、楽しみです…
若き美しい岡田准一、松本潤を堪能出来る映画です…

一見の価値があります…

 

【701号室】本当に好きな人、本当に書きたい事





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed