UTEROコピバンNIGHT【好き!VS好き!】ステージの上と下で飛び交う愛のコール&レスポンス

UTEROコピバンNIGHTに行ってきました。

UTERO自体、新しくなって初めて(笑)
なんか轟音のライブハウスも久しぶり。

耳の調子がどんどん悪くなっていて(まあ、加齢によるものもあるでしょう)大きな音を聞くとその後しばらく日常生活が送れないこともあって、ライブハウスから遠ざかっていました。

昔のユーテロではマドリガルコメディという2ピースロックバンドのライブをやったり、ノスタルジアをやったりいろんなバンドを観ました。

 

久しぶりに行ったライブハウス。
最初は知ってる人もいなくて、夫婦でぽつねんとしてたけど。
だんだん「あのころ」の人たちと会えてきて。

みんな少しずつ歳をとっていて。当然自分も「じい」になって。
「生活といううすのろ」とうまく付き合いながらもなんとか生きてて。
ユーテロには寄れてなかったけど、音楽にどっぷりだったここ数年。

 

先日「音楽活動休止」した理由を、いろんな人から問われたりしながら、「あら!こんなじいのことを覚えてくれてる人がいるんだ〜」とちょっとこそばゆい。

懐かしい顔を見ると嬉しいなんて、まさに爺さんじゃん。

フロアでしっかり見たこの二つのバンドについて感想を

 

コピーっていうのはカバーじゃなくて、どれだけ「心も体も捧げられるか?」っていうとこが全て。
ステージの上の人が「好きだ!」っていうと、客席が「いや!私の方が好きだ!」といい、ステージから「いいや!私の方が好き!」客席「いいや!ぜったい私たちの方が!」っていう、好きの応酬があって、最終的にどちらもの「好き」が一番高いところで融合するのが素晴らしい。

 

NYAPOOS(ヤプーズ=戸川純コピー)

ボーカルのさぎりさんとは付かず離れず、もう結構昔から存じてる。
ベースのコーチくん、ギターのまっちゃんというテクニシャンを従え、堂々とセンターに。

今、大森靖子やかまってちゃんに救われた人がたくさんいるように、あの頃僕ら「クラスの外れっこ」を救ってくれたのが戸川純だった。

数年前、ビートステーションでその勇姿を見て泣いたもんだ。

この日のNYAPOOSは黄金ヒットから、会場に染み渡る曲まで、無駄のないセットリスト。
ほぼ歌える自分にびっくりしながらも、熱い愛情に包まれたさぎりさんを観てた。

そーとーかっこいい。
この人は叫んでるのが似合うなぁと。

なんか、目頭じわじわくるよ。

なんとなく世界がレーダーマンだらけな気がする昨今。
コピバン大会には愛が溢れてる。

照れ隠しの笑いも少しはあるけど。やる方は全力だ。だってその歌を、アーティストを好きな人が集まってるんだもの。

全曲楽しませてもらった。
すごい楽しかった。

そして戸川純の曲ってやっぱすごいなあ〜と思うのと同時に、あの時代に彼女が出てきてくれて助かったな〜と思った。

さぎりさんも救ってもらった一人なのかもしれないなぁ。

 

ライブの後、静かにお化粧を直して、衣装を着替えて普段の「おしゃれなさぎりさん」に戻っていくのを見てた。
ステージとは全く違う静かな、静かなひと時だった。

 

 

Y-miz(ユーミンカバー)

牧畜業者がユーミンすきなのは知っていたし、コピバンに対する意識の高さと目標の高さと、何より完成度の高さ、自分に対する厳しさは心底わかってるから(笑)ものすごいことになるだろうとは思った。

予想をはるかに超えた凄さだった。
本気を超えた、憑依だった。

ドラム・パーカッション・ベース・キーボード・ギターの音楽隊5人と、コーラス&ダンス4人と、ユーミン。10名のバンド。

全員がステージに上がれないくらいの大所帯。
しかも80年代が戻ってきたかのような衣装。

コーラス隊の皆様のツインピークス感ったら!

 

こりゃいかん。
記録に残したい。

カメラを持ってくればよかったなぁ〜と大後悔。
ええい!iphoneでライブ動画をとってやる!ワンカメ(ワンiphone笑)でできるところまでやってやる!!とカメラマン・映画監督としてのサニーに火がついた。

 

 

多分、ユーミンをそんなに知らなくても、このショーだけ見ても満足するようなできだった。
僕はユーミンのライブを見たことはないけど、きっとこのまんまなんだろうと思った。
こんな目の前で。
こんな近くで。

歌い、踊る。

iphoneを抱えてるから拭きようがないにもかかわらず、涙が出てきた。

 

 

必死だ。
楽しみに必死。
自分のココロの中にある「大好き」を裏切らないようにするための戦い。
見てる人を幸せにする本気のショー。

心意気が体に、歌に現れるから感動するんだなぁ。
これが「金の取れるショー」なんだなぁと。

 

音楽活動を休止してよかった(笑)
ちゃんと仕込んで、ちゃんとトレーニングと練習をして、体と指のケアもして。ちゃんといろんなものインプットして熟成しないと「音楽」に申し訳立たない。

 

 

かつて一緒にやってたノスタルジアというバンドで、厳しくコーラス指導をされた経験のある僕だからわかるけど、牧畜業者は「歌」と「コーラス」について格段に厳しい。
僕はうまくできなかった。

バックで踊り、歌う、いつもは自分がセンターな人たちも、結構指導されたのかな?でも、もともとが「歌う人」だから飲み込みが早かったのかな?

 

こんなに楽しい「ショー」は見たことがない。

 

それは一観客として見れたことも大きいとは思うけど。

 

僕は牧畜業者をすごく尊敬してる。ステージで雑に扱われようと(笑)それもショーの一環だからね。

なので、魂を込めて動画を撮りました。
中腰で腰を痛めました笑
下からのアングル欲しくて足がつりました笑
くるくる回るスカートはこの世で一番の絶対安全なドラッグだと追いました。

どっかで公開されるかもしれないのでお楽しみに。
メンバーのみなさんで見てもらえたら、それだけでも嬉しいけどね。

 

 

この夢のような時間を作り上げるために、彼女たちがした努力に賛辞を。
そしてそれを体験できた幸せに。

乾杯(ノンアルで笑)

 

予想外のアンコール。一人で歌った卒業写真。
もうね。

みんなの心の卒業アルバムをめくってたと思う。

 

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed