ブレードランナー2049:感想【未来に雨が降ってるなんて思わなかったあの頃】

 

ブレードランナー2049:雨が降る降る映画館に

ブレードランナーの衝撃。最初に見たときの鮮烈なイメージ。もちろんそれには遠く呼ばない。
それでも2時間以上、面白く見れた。

2時間にまとめられていたら、もっとよかったかもと思うけど。

 

映画を見に行く前に前作をしっかり見てたので、納得できるところやニヤリ笑えるところもあった。
でも、これって明らかに前作が好きだった人へ向けての狭いマーケティングの上に成り立つもんじゃないかなぁと。

透明なチューブの中を車が走り、シルバーのキラキラしたビルと、人工太陽的な「手塚治虫の描く未来図」を信じていた僕のような人にとって、

あのじめじめしたカオス。
九龍のような世界は衝撃だった。
ホノグラムはもっと綺麗で、お天気は調整できて、何にも困らない世界がやってくると信じていたのに。

仕事は体を使うわ、きついは、ファストフードですませるわで。
雨の中を歩くたびにデッカード気分に慣れてた若い日。

そしてレイチェルの「人間離れした」白痴感。
ダリルハンナの可愛さ。

 

ブレードランナー2049:スターウォーズから始まる「ハリソンフォードと言う大衆派スター」を巡る旅の真ん中

後半に出てくるハリソンフォード。いやみな感じの残ろ笑顔は相変わらず。
でも何して食べてるのかもわかんないし、爺さんにしては武闘派だし。

若い時に本当に美味しい配役が回ってきたんだなぁ。すごい。

映画はいろんな「?」を回収できずに進んでいくけど(僕の知能のせいもあるかも)、ハリソンフォードという「人間」が生き延びることで刻み込まれた傷と悲しみが美しく。

生き延びるってのは、なくなってしまった愛すべきものとの「時間」を抱え込んだまま毎日を過ごすことなんだなあと。

強く履かないんだなと。

 

追跡するK役のライアンゴスリングも、一ヶ所だけの爆発のために表情を抑えていてすごく好感が持てた。いろんなプレッシャーがかかる中、よくやったなーと思う。

被差別がわでありながら、同族を狩る仕事をする気持ち。
どんなだろうか。

どうして「感情を抜きにしたほうがいい仕事」にわざわざ感情を持たせるんだろうか。

「人間にそんなことはさせられないから、レプリカントにやらせる」

冷たい言葉のように聞こえるけど、現代社会は

「普通の人間にはさせられないから、弱い人たちにやらせよう」

ていう風に見える。

 

ブレードランナー2049:風呂敷を広げすぎて畳むのにワチャワチャしちゃうけど

前作のブレードランナーはすごく狭い関係性の中で物語が動く。
絵柄としてのスケールはそりゃすごかったけど、そこに出てくる人たちの気持ちはわかりやすかった。

今回、物語の場所も転々とする。
スケール感がでかすぎで、あっけにとられる。
もともとSFがそんなに得意ではないし、兆候とか伏線とかを回収するのが苦手だ。

そういう意味でいくと、この映画はもたついている。中途半端に広すぎる。

感情的なシーンで見るものを感情的にしておいて、行きな「人間とは?」みたいな大きなテーマに振り開けたり、「レプリカントの逆襲」的なテロ映画の予告にも見える。

残念なところも多いけど、それでも面白く観れたのはやはり前作のおかげだと思う。
それともう一つ重要なのが女の人たち。

 

ブレードランナー2049:とにかく理想的なAIジョイと、上司、戦うレプリカント。

どんなに物語がもたってもAIのジョイ(アナ・デ・アルマス)が出てくるだけで、画面に花が咲き、心が躍る。彼女が消えてしまうシーンは一番好き。

アゴ割れてるけど(笑)

肉体を持てない悲しみを動きのない表情で見せてくれる。

言ってみりゃ二次元の女の子。チャイナドレスとかワンピとかもKが課金して買ったんだろうと思う。今と変わらない。

レプリカントでありながらレプリカントを追う仕事のストレスをAIに癒してもらう。
自己完結。

前作のショーン(レイチェル)ヤングも2017年ならではの技術で蘇るし。
ため息が出る。

 

Kの上司のロビン・ライトもすっごいイカす。
この映画では珍しいくらいのジャスティス。

 

で、僕は実は

倒産したレプリカントメーカーを買い取った盲目の社長に使える「戦うレプリカント:ラブ」に一番感情移入できた。

「完全なものはできないけど、まだまだこれから」何て言われても「私が一番」だって信じたい。どんな命令でもこなす。

そこに「叶えられない承認欲求」を感じてすごく切ない。
死にゆく(?)シーンでのさびしさは、Kやデッカードが助かったことよりさみしかった。

 

 

ブレードランナー2049:ブレードランナーが作った世界を最新技術で掘り下げてみた

結局はそこ。
それ以上でも以下でもないんだけど、すこーし大作にしすぎちゃったかな?孤児院のシーンまるまんまいらないかなとか、見た人はいろんな感想を持つと思うけど。

バットマン「ダークナイト」とかに見られる「ああ、もうちょっと小さな話だったら最高傑作になるかも」と思える。

でもそれが主流だとしたら、僕がスケール感についていけてないのかもしれない。

 

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed