ネオン・デーモン感想【ムードが全てでもいいじゃない】

 

ネオン・デーモン:エル・ファニングの「いいんだか悪いんだかわからない感じ」が素晴らしい

どんな業界でも「気鋭の新星」が生まれれば、消え去る星がある。
この映画はモデル業界で

新人が現れて、今まで自分がやっていた仕事を奪う

っていうありきたりなストーリー。

 

意味不明なシーンやら、ホラーとしても楽しめるシーンもあるにはあるけど、強く感じるのは「そりゃそうだよね〜」って思ってしまう怖い自分(笑)。

 

  • 仕事とられたら「殺したくなる」
  • 冷たくされたら「殺したくなる」

 

もちろん本当の世界ではそんなことはしないけど、欲求として人の心にはあるんじゃないかなぁ。そういう気持ち。

ギリギリの人生で「誰かからの評価」で自分を支えてる人ばかりでしょ?僕も含めて。

 

スーパー8という映画で僕を号泣させたエル・ファニングが

「私はかわいい。私はかわいいを使ってお金を手にする」

ときちんと宣言して、セックスアピールなんて言う簡単な方法ではなく、「かわいい」を使ってのし上がり、転落する(させられる)だけのお話。

 

意味深なシーンやら無駄なシーンもたくさんあるし、え?意味わかんないってのもある。映画として体をなしてないとも言える。

映画批評が★1つと★5つに真っ二つ。

オンリー・ゴッド』『ドライヴ』などのニコラス・ウィンディング・レフン監督作品という。
最近の若い監督なんだろうか?彼の前の作品を見たことかない。

 

 

完全なるジャケ買いで。

音楽も凄まじくよくて。

重たく無機質なビート。ファッションショーにぴったりな感じ。

 

そしてカメラアングル。
「絵力」というのかな。

最近の邦画の絵時からのなさが悲しくなるけど、海外にはまだアングル力のあるカメラマンがいる。女優を写すんじゃなくて、「絵」をとる人がいる。

 

最近、写真を再び撮り直した僕にとっては「すげーかっこいい」と思える絵柄がたくさん。

 

  • ホラーにもなれず
  • ストーリーに深みもなく
  • そこまで転落人生でもなく
  • エルファニングが美人だかどうだかわからない

というところがすごく力を持つ映画。
映画じゃないか。

監督の究極の自己満足を見せつけられるんだけど、「自己満足にさえなれない」映画が多い中、僕は好き。

 

ま、ラストでシーアが歌を歌って全て持って行ってしまうんだけど(笑)

 

【610号室】映画見聞録~映画が大好き~2017

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed