あなたは誰に憧れている?【なりたい人は誰?】

「憧れてたり、こんな風になりたい人っていますか?」

ツタヤでのノマド中にちひろさんから聞かれた。

 

そういえば昔から

  • このレコード好き!
  • この映画好き!
  • このアート好き!
  • こんな暮らし方好き!
  • こんな家好き!

というのは本当、見境なくあるけど、「誰か」に憧れたことってあったかなぁ?と。
即答は出来なかった。

 

  • こんな顔になりたいとか
  • こんな体になりたいとか

そういうのがないってのは、自分に満足してるのかな?いやいやそんなことは到底ない(笑)
外観コンプレックスは少しずつ諦めることによって減ってきてるけどね。

あ、でも「自分が好き」っていう、めちゃめちゃ気持ちの悪い(笑)部分は毎年増えていってる気がする。

 

人から何か質問されないと、なかなか自分について考えないよね。
改まって聞かれると、わからないことだらけだ。

自己承認欲求的な質問箱がSNSを賑わせてるけど、面と向かって、生の人間から質問受けるのって刺激的で緊張する。

自分自身で自分のことを深く考えるときとはまた視点が違う気がする。

 

自分は何者?

 

初めてその問いが浮かぶのって、いわゆる「厨二」的な時期かもしれない。
年をとるごとにその疑問は自分の中からは浮かんでこない。

自分が経験して、自分を形成してると思ってるから。
どちらかというと「人からどう見られてるか?」に重きを置いてしまう。

それはもしかしたら思考停止なのか(笑)

 

決算にがっくりしたりして経営者としての自分のダメさ加減を嘆き、
緊張して練習の半分くらいしかできなかったダメさ加減を嘆き。
ダメダメポイントは結構、日々、感じてるんだけど。
もっと根源的な「憧れ」とか、考えなくなってる。

 

 

誰にとっても世界は「自分と自分以外の人や物」でできてるよね。

自分を形成してるものってなんだろう?
その形成において「味付け」をしたものはなんだろう?

年末のこの慌ただしい時間の隙間に、考えてみてもいいかも。

 

 

 

そんな真昼。
僕とみやちゃんは、「あらゆるもの」を描かされて(笑)四苦八苦。

 

その体のどこに入るのか?ってくらい食べまくる男の子に「食べる.生きる。」ということを教わりながら。

 

 

ちひろさんのカメラを借りて撮ったり

 

撮ってもらったり

 

自分のアイフォンで撮ったり

 

考えを持つこと

興味を失うこと

新しく始めること

疑いを持つこと

吐くこと

 

すべては自分自身のようで、実は誰かの源流の下流域だったりするのかな。

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed