ウーマンラッシュアワー@THE MANZAI【「我が国」に含まれない地域の人たちへ】

お正月のTVが好きだった。
お笑い番組があるから。

でもひな壇番組が嫌いで。
つまんないから。

 

TVが終わって行ってる。僕らのTVが。
次の日の話題を絶えず提供してくれていたTVが。
移り気な人たちが映画館から離れていったように、今は個人が見たい時に見たいものを自分の部屋で見る。
お茶の間はなくなり、TVは面白いもの、新しいものを放送してくれなくなった。
自主規制で。

 

妻が録画をしていたTHE MANZAIを見た。

 

芸人さんが芸をしてるところをあまり見ることがなくなった。
司会とかコメンテーターとかでしか見たことない人が本職の「芸」を披露してるのってやっぱいいね。
これだけで食べれたらいいのにな。

 

ウーマンラッシュアワーという二人組の漫才が話題になっていた。

  • タブーに挑戦した
  • TVに出られなくなるかも
  • 放送したフジテレビもなかなかやる

みたいな評判を聞いた。

 

畳み掛けるようなスタイル。
ほんの0.1秒の引っ掛かりが大ブレーキになるようなヒリヒリした掛け合い漫才。
普通に「言いたいこと、時事ネタを自分たちのスタイルでやる」という漫才。
彼らのことはあまり知らなくて、嫌われてる芸人?とかに選ばれてるらしい。

ものすごい練習量なのか、もしくは本番力なのか。
素晴らしい芸だった。
言ってることもよかったけど、面白かった。

 

楽しいことはみんなで分かち合い、嫌なことはこっそり誰かに押し付ける

 

みんなわかってる。TVに出てる人も、TVを見てる人も。
原子力発電所は「金でいうことを聞かせられる場所」へ
米軍基地は「遠い島へ」

「我が国の平和と発展のためには日米安保も原子力発電所も必要」という人が周りに多い。
あなた、政権担当者でしたっけ?と思うような普通の人がたくさんいる。
そして我が国に、東北や沖縄は入っていないようだ。

 

毎月年貢を搾り取られてもまだ、国の未来や発展を望んでいる人がたくさん。
30万円稼いだ中から12万円取られても、その使い道に対して怒らない人がたくさん。
政府を支持してれば政府から守ってもらえると勘違いしてる人がたくさん。

いやいや。そんなことないから。

僕らが沖縄や東北や熊本を見捨ててるように、
国は庶民を見捨てるから。

 

我が国は今、中国に大きく遅れをとって、
アラブ諸国からがっかりされ
第二次世界大戦以降、あらゆる国に戦争を仕掛けては一度も勝ったことがない国に忠誠を尽くし
自国民を縦や壁として使う。

 

そんな国だよ。我が国日本。

 

そしてそれを強固に守ってるのが「考えない人たち」

 

君たちのことだよ。
僕たちのことだよ。

 

フジロックフェスに「政治を持ち込むな」とかいう論争あったよね(笑)

ロックや芸やアートは「日常」から生まれるもの。
日常っていうのは政治だよね。
政治と無縁の日常なんてないよね。

今日の不安
今日の不満
未来の不安

全て日常であり、政治。

 

歴史を振り返ってみると、楽しい音楽や楽しいスポーツが政府によって政治的に利用されてばかりでしょ?

 

あなたが楽しいと思ってやってる音楽が「ダメだ」と言われる来る日がきて
あなたが頑張って金メダルを取ろうとするスポーツが「国の威信」になって
あなたが住んでいるその家が「国のため」に没収されることになって
あなたが育てた子供達が「国のため」に意気揚々と死にに行く。

 

それってやだな

 

そういうことをきちんと口に出すことができない世の中になってきてる。

 

でも、漫才は漫才だ。
庶民の生活から生まれ、支配者に「ちくり」とひと刺しする。
それが「笑い」につながる。

それだけでいい。

 

ウーマンラッシュアワーの漫才は面白くて、優しくて、職人芸だった。
それは華丸大吉も同じ。

優しくて、職人芸。

 

「刺し盛りは店主の都合」と「被災者にまともな住宅を」は同じ。

 

いろんなひとがいろんな意見を言って
それがさしてニュースにならない世界が理想だなぁ。

 

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed