小佐井みなみレコ発ワンマン完全レポート@ゲリラハウス【白いワンピースのクイーンと三人の召使い】

2017年12月22日。小佐井みなみのCD発売記念ワンマンライブ。

 

リハーサルでひと通りやってみて、いろんな確認した後、炭水化物を摂取しに。

まさかの「かつ二枚」のカツ丼とうどんのセット。
食について、猫舌について熱く語るメンバー。

開場時間。
ポツポツと時間前からお客様が。

CDと特典パンフレット記念すべき第1号ゲッターは北斗さんでした。
ありがとうございます。

 

バックバンドメンバーはさむーい寒い階段で待機。
スポートメンバーあるあるとか
ドラえもんイントロ問題とか
ここには書けないいろいろを喋って、すごい楽しく温まった。

サポートプロ中のプロのお二人の話はいろいろ勉強になった。

 

 

 

会場の外で

I wanna be loved by you
を聞く。

 

ライブがスタートした模様。

相変わらずゆるゆるとしゃべりながら。
次はオリジナルの

Never
この歌はよく聞いたなぁ。春の光の中の風景かな

八木くんに「いってらっしゃーい」と声をかけ送り出す。

リアーナのカバー

Diamonds
いややっぱかっこいいね。
今夜のセットメニューは宝石尽くし。

さて、出番だ。
ステージに上がって最初に持つのがギターではなく、ギターバンジョー。

Santa Baby
ここでもティファニーをくれ〜〜〜〜と叫ぶ小佐井。
誰か小佐井に「ティファニーの喉あめ」を買ってあげてください。

 

季節はがっつり変わって次は夏の歌。
オリジナル。

Summer Sun
CD音源に負けないように弾いた(笑)
さやわかな疾走感って、小佐井に似合うのか?いや、これはそういう曲を家の中のラジオで聞いてる小佐井みなみという設定かもね(笑)
夏の海、水着、ビーチパラソルとか、全く想像つかないもんね

 

そしてここで第一の事件発生。
次の曲はガットギターで弾く予定。今までもずっとそうだった。
のに。
ギターにシールドをインした途端、激しいノイズ。
そのと何かの部品が飛んで行った。

ジャック部分が故障。

ギターが鳴らない。

 

ここ一年ずっと弾いてきたメインギターが本番で故障。ライブあるあるの一つだね。
肝心なところでダメっていうのは僕の人生のようだ。
そして、それを「何事もなかったように」代替えギターでやっちゃう、てのも僕の人生(笑

Valerie
途中、「歌えるキーボーディスト」八木龍馬くんとのデュエット「whats goin on」を挟んでピアノソロ。かっこいいねえ。海外のフェスっぽいね。

 

前半竿後の曲は

 lost stars
星降る夜にぴったりの静かなナンバー。
僕らは退場。

ああ。がっかりだ〜あの曲はガットで弾きたかった。

 

後半はオケで歌う

fragile world
CDの中では僕はこれが一番好き。
このPVを作ってみたいねぇ。来年。

この歌詞が一番共感できた。
彼女自身の解説はぜひ「パンフレット」で。

さて後半はがっつりやりますよ。

まずはリアーナのカバー
umbrella

雨が降り出すように、ピアノと、ギターを絡めながら静かに始まる。
イントロっていつも一番気を使うし、一番好きだ。
エンディングは、着地すればいいだけだけど。
イントロは物語を始められるか、引き込めるかどうかだから。

次は大忙しの

that’s alright mama
エルビスプレスリーのロックンロールに合わせてブルースハープを吹く。
ブルースハープは自由で大好き。
途中、ブルースエードシューズへのマッシュアップ。
もう何度もやってきたけど、毎回楽しいね。
さて、いつもはこれで終わりなんだけど、さらに今回はマリリンのdiamonds are a girl’s best friendがプラス。

一瞬のブレイクでブルースハープを置いて、ギターにチェンジ。
バンドでもなかなかの難産だったけど、いい感じにできた。
本当に宝石づくしだ。

次はオリジナルのロックナンバー

when never I think so
そして二つ目のトラブル。
次の曲のために持ってきたグレッチのシルバージェットが音が出ない。
アンプの調子が悪いのか・・・
ゴリゴリの歪ませたギターを弾けるチャンスだったのに・・・。

仕方なく、いつものREDギターに。

歪ませることはできないので、昔のロックバンドのような音に。
悔しいな〜〜。でもそれはそれで、切り替えてムードを出すことに専念。


会場が温まってきたところでおなじみのコールアンドレスポンスソング

cheep thrills

これもガットギターでしか弾いたことがないけど、小佐井のテイラーを借りて弾く。
ギターでラテンの情熱を出す曲なのに。
カホンがその分カーニバルな感じをガンガンに出してくれるし、キーボードもバキバキのベースラインを出してくれて、出来としては良かったのでは??

クールダウンするためのオリジナル

now
しっとりとボトルネックで弾く、聞くと簡単な曲なんだけど、やると案外迷子になる(笑)

 

ラストはレディーガガのカバー

million reason
今回一番楽しみだったのはこれ。
これ、本当にいい曲。
歌詞も素晴らしいし、メロディーも。

聞きながら感動して涙ぐんでいた。
美しくて強くて、輝く。

I’ve got a hundred million reasons to walk away
But baby, I just need one good one to stay

まるで、ライブというか、音楽をやっていくっていうことそのものみたい。

やめる理由はたくさんある。
でもたった一つ続ける理由が欲しい。

エンディングも下手くそなギターだったけど心を込めて弾けた。
外れずに弾こうとかより、僕なりの「一つの理由」のために弾いた。

 

アンコールの一曲目。僕らバックバンドは外にいたので何があったかは知らない。

sea of love
なんか楽しそうな雰囲気だったよ。

本当に最後の最後。

me and bobby mcgee

ウッドストックのようにハチャメチャで終わろうぜ!アンコールだ!
みんな弾きまくる。
きっかけも何もぐっちゃぐちゃ。
これこそがアンコールだよね。

 

僕の2017年は終わった。
来年は白紙だ。

本当に気持ちよく終われたなぁ。
ありがとう皆さん。

 

いろんなチャレンジをして、いろんな負けと失敗をした。
腹が立つことや悔しいことやイライラしたことの方が多かった。
実は指、と言うか左手がすこーし反応が鈍くて。
気持ち前目に動かそうとしてやっと合う。みたいな。
なんで、連日すごく練習した。タイミング合わせるために。

でも、終わりよければすべてよし。

 

これで、おしまい。
ジ・エンド。

 

福岡のインディーズシーン、ナンバーワンのジャケットができたと思う小佐井みなみの「iridescent」。ぜひ手に入れてくださいね。

 

【609号室】ガーリーおじさんはまったく役に立たない2017





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed