お正月というもの【おせち・紅白・昼寝猫】

年越しとか、お正月とか、仕事納めとかはじめとか。
たった一週間の間に「何か」が変わるわけでもないだろうにねー。毎年毎年このわさわさ感。

そういうもんかもね。

ガラステーブルに映る庭

 

うちは双方の実家が近いのでツアーになる。

まずは妻実家に年末に。
なんだかんだ溜まった用事があるもので、あそこが壊れたとか、あれをこうしろとか、いろいろある。生活してるとものは壊れるし、でもそれをすぐに修理できる環境じゃない。

年をとると特に。
そういう不具合が何ヶ月ぶんか溜まってる。もっと時が経つと、もっとできないことが溜まるだろうなぁ。

 

年々、自分自身も体が万全ではなくなる。
そして息子たち世代が、働くようになる。

 

そうやって延々と繋がっていくものと、消えてゆくものがあって。
手間がかかるからやめよう、というのは建設的な意見でもあり、「おやすみなのにまったく休めない」とか「渋滞でウンウンいう」なんて言うのはなんとか解消したいものだけどね。

 

数年前は何家族分も作っていた「おせち」今回は4家族分

作って、詰める。世間ではものすごい値段で売られてる三段お重

 

今年のお正月は暖かかったけど、それでも実家の床の間は息が白くなる。
その中での作業。

今年で終わりかな。

 

昔は正月はお店がおやすみで、年末に大量に食材やお菓子を買ってた。
お年玉もらっても使う場所がなくて。

今じゃ24時間年中無休でものを売る時代。
保存食としてのおせち料理なんてのは時代遅れなのかもね。

うとうとする実家猫。片目のリリー

 

紅白歌合戦の流れる中、うとうとと年越し。

そばを食べたり。

ジャニーズに浮かれる人たち。

 

寒い寒い。
布団も凍ってる。
睡眠薬飲んで寝る。

朝は4時に目が覚める。
7時に有線放送がなる。
8時には町長のご挨拶放送。

 

田舎の朝は早い。

 

そして大きな鰤の刺身。

 

 

次はうちの実家。
手榴弾とびかう(笑)小倉。

 

おせちに飽きたのでグリーンカレーを作る。
意外にも、老人でも食べれる。

エビはやっぱり煮たやつよりフライがいいな〜〜

 

2018年も、まったく同じように始まったね。
今年もよろしくお願いします。





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed