エブリシング:感想【かわいくて軽い恋愛映画】美しいおとぎ話とリアルな抑圧

ツタヤでお勧めしてなかったら、借りなかったかもしれない。何しろ、タイトルが地味。エブリシングって・・・。

ところが本題は「Everything, Everything」こうなると、ちょっとひっかかるよね。

 

生まれつきの重度の免疫不全のため、人生の大半を厳重に衛生管理された屋内で、医者の母ポーリーンと看護師カーラとともに過ごしてきたマデリン。

まあ、設定的にはよくある。

でもこの子の住んでる家が「ここにいても外の世界が見れるように」と作られてる。素晴らしいデザインだからこそ逆に「そこにしかいられない悲しみ」がわかる。

そして今回は「ガールミーツボーイ」だ。

マデリン(アマンドラ・ステンバーグ)は隣家に越してきた青年オリー(ニック・ロビンソン)と知り合い、メール交換をするうちにオリーの魅力に惹かれていく。

最近の映画はスマホやメールなしでは成り立たない。
その見せ方もいろいろ。
この映画ではわりとオーソドックスなんだけど、主演の二人がとにかく魅力的。

 

「人と触れ合うことは雑菌だらけ」だから、絶対にやっちゃいけないんだけど。看護師さんのカーラ(マデリンと同じ歳の娘がいる)の協力もあり、オリーと家の中で対面することができたマデリン。

ある時、オリーが父親と揉めてるのを助けるため、家を飛び出してしまう。雑菌だらけの「外」へ。

 

映画自体の設定の謎解きは見てて簡単にバレる。
「え?」と思うことが満載だから。

でも謎解きはさして重要ではなく。

丁寧に演じられる役柄と、緩やかなストーリー。
日本映画にありがちな激情とか告白とか涙とかのない素敵な映画。
悲しい事実は幾つかあるけど、爽やかな印象なのはハワイの景色と主演の二人と、一番効果的なのがアップトゥデイトな音楽。

多分今のポップスが詰め込まれたであろうこの映画。
音楽が凄まじくいい。

エンドロールのアニメーションも素晴らしい。

 

ああ、2017年の音楽はこんな肌触りなのかも(詳しいことは知らないし、間違ってるかもしれないけど)。
とにかく素晴らしい音楽に満ちた映画。

 

今では懐メロ界隈で食べ尽くされてるカーペンターズなどのヒット曲も、出た当時はすごく「斬新」だったんじゃないかなぁ。

オーガニックな香りのするコンピュータミュージックが大好き。

 

 

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed