高橋プランクトンis BACK!【新春のキャバーンビートで相見えました】

高橋プランクトンからメッセージ。

「1/9にキャバーンビートでライブやるので、よかったらギター弾いてもらえませんか?」

心待ちにしていた一言は、あっけなくやってきた。

 

彼はちょっとお休みしてて、そのラスト(?)も一緒だった。
僕も同じく「ソロ活動休止中」なんだけど(笑)

ギターだけなら、揺るぎないから。
誰とやっても、やれる自信はあるから。

二つ返事で引き受けた。

 

この日は萠珈が対バン予定で、それもすごく楽しみにしていた。
去年はみようと思ったライブが

  • 仕事の大トラブル
  • ギックリ腰

で見れなかったから。

 

いい年始になるだろう。
と思っていたけど。

萠珈からメッセージで「インフルエンザで、ライブできなくなりました。本当に申し訳ありません」と。

 

楽しみにしてたけど、また次の機会に。
で、出しゃばりな性格は2018年も健在で

「オープニングに少し歌わせてください」と町田さんにお願いして、萠珈がいたから生まれた曲を2曲歌った。

萠珈、早く良くなってまたメラメラする歌を聞かせておくれ。

キャバーンカフェは今年も健在!

 

 

対バンは、熊本の熱いヒーロー「れーな」さん

なんだか、すっかり大人になった。
本人は地道にやってるというけど、周りから見たらもう大きな灯台のよう。
その明かりを見て生きてる人、歌ってる人も多いんじゃないかな。

ギターが見るたびにうまくなってる。
相当練習してるんじゃないだろうか?

結構ガッツ入れて弾かないとグルーブのでないコードチェンジがぐいぐい決まっていたし、メロディーを生かしたアルペジオも鳴っていた。

若いシンガーソングライターたくさん見たけど、ギターテクニックがトップクラスだと思う。弾き語りというスタイルの最適なギターワーク。

 

そして高橋プランクトン。
いつもと同じように、やる曲はきってなくて、ステージに上がってから、そのときやりたい曲をやる。「キーはGです」という一言から始まるギター合戦。

つまり「0点」の曲と「100点」の曲ができる。
この夜は3勝3敗くらいだったかな(笑)

休止前と何が変わったのか?を弾きながら考えていたけど、変わっていなかった。
ただ、エネルギーが強くなってた。

こんな感じでさらりと始めたかと思えば

こんな風になる。

 

高橋プランクトンは、彼そのもの。
だから緩やかに変化するかもしれないけど「音楽性=彼」なのは変わらない。

 

これからどんな歌を作り、歌うのだろうか。
そんな彼のそばにいれて、とても嬉しい。

 

戦い終わって「えとぴりか」のライブを見る。

最近バンドでの彼女を見ることが多いけど、ソロもやっぱり味わい深い。
最近の英語の歌とか、エバーグリーン。
身近にあること、思ったことを歌にしてるんだろうけど、なんだか「個人的なこと」に聞こえず、みんなの歌って感じに聞こえる。それが個性。
嬉しいような悲しいような、不思議な色合い。

慣れたステージングで聴衆を近づけて行くのはフリーステージや野外での経験かも。

町田さんの音作りもさすがで、豊かなアコースティックギターの音がしていた。

 

 

お客さんも知ってる人が多く、新しい方もちらほら。

 

美味しいご飯を食べて、温かい飲み物を飲んで。
ライブハウス・キャバーンビートは豊かな場所だなぁ。

 

外に出ると極寒で、雪が降り始めた。

 

なんだかヘトヘト。そういえば今日は朝4時から起きていたんだっけ・・・。

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed