ぐにゃり第6回公演「アクアリウム」@箱崎水族館喫茶室【厚いガラス越しの二人】

ぐにゃり第6回公演「アクアリウム」(あらすじ)

サラリーマンが一人、水族館で魚を見て誰にともなくつぶやきます。

「魚は、いいなぁ」

一匹の魚が応えます。

「魚に、なりたいの?」

水族館でも何気なく自然の営みを続ける「魚」と、人間という生き物の本能に翻弄されてまるで網の中で動けなくなってしまったような「男」。男と魚の会話から泡の様に浮かんで消える、家族の形を描きます。

 

ぐにゃり第6回公演「アクアリウム」:こちら側とあちら側

灯りが消えて、水族館にきてる母子の会話が聞こえる。
大きなお魚の顔をかぶった女優(薔薇園花江)がゆらり、シャン!と現れる。

お芝居の、お話のつかみとしては最高。
僕ら人間から見た日常のかけらの「水族館」と、その中から僕らを見てる「お魚」。
パッと見て、関係性がわかる。
説明しなくてもすぐわかる造形。

不気味に表情のない母子の後に出てくるこのお魚は「おかみさん」のような格好をして観客を見てる。

 

やってくるのはサラリーマン。
なんだかくたびれてる。
スマホで繋がれてる。

仕事からも家庭からも逃げるように「安全な場所」へ逃げてきてる。

仕事場では活発に意見を発したり、冗談を言ったり、一生懸命仕事をしてるあの人ももしかしたら「一人になりたい=一人になりたくない」そんな時があるんだろうか?

 

彼とお魚のお話が始まる・・・。

 

ぐにゃり第6回公演「アクアリウム」:知ろうとすること。知らずにいること。

魚は彼にいろいろなことを聞いてくる。

  • 水の外の暮らしは?
  • 家族は?
  • 初めてのデートの時

根掘り葉掘り聞いてくる。
おばちゃんのように。

 

この「親しげでちょっと鬱陶しい」おばちゃんが実は「  」だったりするんだけど。
二人が会話するだけの劇の中で、ぐっと強く掴まれるシーンが、いいタイミングでやってくるからずっと集中して見れる。
暖かい会場の中、まるで水の中のようにぼんやりする時間帯も含めて、いい。

 

知らないから知りたい・・・自分の常識に当てはめてみて「変」だから知りたい。

 

魚と人間じゃいろいろ違うことばかり。
その都度「魚にはわかるもんか」と彼は言う。
「魚になってみたいの?」と魚は言う。

理解をしようとする以前に「知ろうとすること」の欲求は止められない。
僕らは人間なので、魚の「人生」は、いちいちが興味深い。

 

でも、彼は。

 

 

ぐにゃり第6回公演「アクアリウム」:子供を産む、子供を育てる。責任の比重。

魚は「卵を産んだらそれっきり」だという。
無数の卵を産んで、それはほとんど食べられる。
残った卵は水族館の飼育員がどこかへ持っていく。

子供の顔を見ることなどなく、子育ての重責もない。

 

人間は少ない子供をしっかりと育てようとする。
種の保存の本能だけではないと思う。
社会人と言うカテゴリーの中で「子育てをする」と言う評価は厳しい。
産まなきゃ失格
ちゃんと育てなきゃ失格
そんな重責の中、つがいだったはずの男女はすれ違うようになる。

 

家に帰りたくなくて、閉館まで水族館にいる。
こんな寂しいことはない。

人として成長していき、結婚して、家庭を持つ。
そして魚の死んだような目になる。
こんな悲しいことはない。

 

ぐにゃり第6回公演「アクアリウム」:悲しみと寂しさを増幅させながらどこへ着地するのか。

物語は少しずつ観客の経験とリンクしながら寂しさを増してゆく。
魚になってみた彼はどうだったのか?

ものすごく危うく、儚く、柔らかいラストシーンに着地する。

 

作・演出のさちんさんは熱い気落ちを硬くコーティングして見せてくれる。
前に見た蛸人間の時もそうだったけど、ふわっと軽い「何か」をまぶして、消化の悪い「感情」を食べさせてくれる。
口当たりがいいのでふわっと食べてしまうんだけど、後で胃の中で何か重たいものに変化する。

薔薇園花江さんはもういつ見ても「しっかり」してる。
堂々とステージに立ってる。
まっすぐに立ったおかみさん(のようでそうではない)の姿がこの物語の包容力を表している。
少ない時間だけど、とうどうせいらさんの儚さと怖さもピリッとしてる。

サラリーマン役の渡部光泰さんは、おばちゃんに「あなた、しっかりしなさいよ!」って声をかけられそうなムードいっぱいで楽しかった。
誰もが経験したことのある「こんなは受じゃなかった」と言う思いを表す白シャツのシワと疲れ。

 

寒い寒い夜の、暖かい部屋でのひととき。
とても楽しかった。

 

僕は家に帰るのが好きです。

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed