#変態チックに参加してきた【好きなことを好きな加減で】

変態チックと言うイベントを覗いてきました

雑居ビルの一室でのライブペイント。
ヤグチヒバナが描く前回参加する予定だったんだけど、ぎっくり腰になっちゃって(笑)
今回、初めての参加。

当然、知り合いなんていない。

新しいイベントで、誰も知り合いのいない場所へ行くって、引っ込み思案&人見知りな僕には結構勇気がいる(笑)。

ただ2018年はミュージシャンだけじゃなく「自分の見識を深める」のがテーマなので、勇気を出して。SNSで参加します!って表明したら逃げられないからね(笑)

 

すごくいい雰囲気のビル。
その中で、ライブペイントがあっていた。
最初はその話の中に入れず、突っ立っていたけど。

そこに最近別の場所であったカメラガールがやってきた。

そこから一気に入れた。ありがとうー。

 

イラストレーターの三怨(みうら)やか。さんが描いてる。

隣では「痛いメイク」をワンコインでしてくれる。

集中してる。
けど、それぞれが自分のタイミングと趣向、熱量で話したり、写真を撮ったりしてる。
二十歳そこそこの人から、同世代に近い人まで。
絵を描く人も、縛る人も。

いろんな自分の「好き」を持ち寄って、重なり合うところに共鳴し、重ならないところは「個々の存在」を認め合う。

そこがタイトルの「変態チック」なのかもなぁと思った。

「チック」「ぽい」と言う語尾をつけることによって、「自分なりの解釈」で物事が見れるようになる。

「ぽさ」は自分のさじ加減だから。
自分の中の「変態チック」なものだけを持ってればいいから。

 

僕といえばやっぱり「写真に撮りたい」と思うものは変わらず、そこが「フェチぽい」のかもしれないなぁ。

 

傷をつけられながら(メイクですよ)

芋ケンピを食べる。

 

僕は訳あって大学時代を少ししか経験してない。

「変態チック」から感じたのは、部室で好きなことを、周りを気にせずにやってる雰囲気。
放課後の、少し寒いコンクリートの冷気の中で。
お菓子と、おしゃべりと、アート。

共有するのは時間と空間、目的と趣向はバラバラ。

すごい理想的な個人主義じゃないかなぁ。

 

そのカメラガールにお願いして、写真を撮らせてもらった。
ビルの中で。

 

彼女は何度かここにきてるようで。

「屋上も上がれますよーいきましょー」という。

 

クッソ寒いだろうと思った屋上は日差しがあって、暖かかったのにびっくりした。

 

もっと上まで登りましょー

 

という訳で登った。

青空。

ブギーポップは笑わないという映画(と漫画)が好きだった。
バラバラに進む青春。一瞬すれ違う何か。
自分の知らないうちに、何かが起こって消えてゆく。
切なさと愛おしさが詰まったいい映画だった。

それを思い出した。

屋上の撮影だけでなく、「変態チック」イベント全体から。
バラバラで、でも同じ時間。

 

僕らが撮影してる間に女の子が縛られていた。

 

同じ時系列の異世界(笑)素敵だ。

 

絵もだんだん完成してゆく

 

仲良したちの作り出す空間。とても心地が良い。
その仲良したちを、少し外から見るのが好き。

 

また次回も行ってみたい。

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed