プラネタリウム:感想【ナタリー・ポートマンとリリー・ローズ・ディップの美しい襟や袖を愛でる映画】

 

プラネタリウム:ニセモノの能力?ニセモノの笑顔?

ざっくりとした内容はこんな感じ。

1930年代、パリが最も華やかだったとき。
アメリカ人スピリチュアリスト姉妹のローラとケイトのバーロウ姉妹は、憧れのパリへ。

姉のローラ(ナタリー・ポートマン)はショーを仕切る野心家。
フランス語も学び、チャンスをつかみたいと願い、行動する。

妹のケイト(リリー・ローズ・ディップ)は好奇心旺盛で純粋。「みたいものを見せる能力」があるようだ。

降霊術では死人を呼び、観客と話をさせたりと、話題の美人姉妹として活躍していた。

そんな2人の才能に魅せられた映画プロデユーサーのコルベンは、

「世界初の心霊映画を撮影しよう」姉妹と契約する。

彼女たちの「能力」は本物?
超自然現象をフィルムに収める事ができるのか?

 

まあここに、恋愛沙汰やらの「人間味」と、人種問題やらの「戦前感」が足されていくんだけど、もう、主演の二人の衣装が素敵すぎて。
時々ぼーっとなる。

 

 

プラネタリウム:期待はせず、希望だけ持って

ナタリー・ポートマン。レオンからもう何年だろう?本当に外さない女優。大女優よね。
泣くときの眉毛の形は変わってないんだけど。

美しく疲れた顔

これができる女優はあまり見ない。

 

映画女優としてずんずん進んでいく様は緊張感溢れる。
かすかに見える未来を手にしようと必死になる。

「期待はせず、希望だけ持って」というセリフの儚い事。

 

映画は前半の「ニセモノか?本物か?」というわかりやすさから、ユダヤ人、ゲイなどの差別的要素の後半に向け、ずんと重くなる。

 

でも家が自体が重たくならないのはリリー・ローズのおかげ。

 

リリー・ローズの映画は今まで三本見たけど、どれも全然違うキャラクターで。彼女は天才か(笑)

ヴァネッサもジョニデもどちらかというと「仮面芝居」をするタイプなんだと思うけど、リリー・ローズはその仮面すら見えない。

 

そこにディティールの美しい衣装が絡んでくるもんだから「着衣好き」にはたまらない(笑)

雪が降るシーンでのラッパ飲み雪合戦なんて本当に楽しい。ここをピークに持ってきてあとはまっ逆さまなのが、映画の作りとしては素晴らしい。

 

プラネタリウム:共感しづらいユダヤ人、同性愛的なものをあえて

最近、同性愛やドイツナチスを扱った映画がたくさん。ちょっと食傷気味になるくらい。
重ための戦争映画やナチス映画は見ない僕らでさえ目にする。

先日のシェイプオブウォーターもそうだけど、「戦争の匂い」をわざと描いてるんじゃないかと思えるくらい。

そんな時代なのかな。今は。

 

 

生きる事で精一杯でも、映画の中にはニセモノの星空があり、みんなの願いを受け止めてる。
プラネタリウムは夢でいっぱいだ。

 

 

ナタリー・ポートマンの役の「姉」は生きながらえて、みたいものを見せる能力がある(?)妹はそうはなれなかった。

悲しい話ではあるけど、楽しい映画でもある。

 

 

ただ、このビジュアルからくるイメージは全然違うので要注意。このシーン一瞬しかないし。
評判がよくないのも、宣伝の仕方じゃないかなぁ。

 

この記事を書いたのは

【705号室】映画見聞録~映画が大好き~2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed