セブンシスターズ:感想【母は子供のためになんでもやる】

 

セブンシスターズ:原題はWhat Happend to Monday

世界的な人口過多を受けて、大量に作れる「遺伝子操作した食物」で乗り切ろうとしたのだけど、今度は「多子」になってしまう。
それを取り締まるために厳格な「一人っ子政策」が敷かれて、2人目以降の子供は児童分配局によって親から引き離され、枯渇した地球の資源が回復する日まで冷凍保存される。

という設定。

今時点で「んなこたしないだろ」っていうのがオチなので、ミステリーとしては少し弱め。

 

映画の中には多種民族。ごみごみした未来。
これはやっぱりブレードランナー以降の映画なんだろね。

 

そんな中生まれた七つ子姉妹。

それぞれ月曜日から日曜日まで振り分けられ、7人で1人の人格をシェアすることで、政府の目を欺きながら生き延びてきた。

マンデーは月曜日に、チューズデーは火曜日に外出する。

しかしある夜、マンデーが帰宅しなかった。

 

 

1人で7役を演じるのはノオミ・ラパス。

スウェーデン映画『ミレニアム』シリーズ(ドラゴンタトゥーの女)に出た人。特徴的な顔。

 

気が優しかったり、体力に優れてたりする7人を演じ分ける。
仕事は7倍やね。

全編出ずっぱり。

 

セブンシスターズ:人口増加問題は解消しないのか?

増えすぎた人間たち。このままだとこの星を食べ尽くす。
そうなったら(今でもそうなんだけど)人口統制しないと未来はないよね。

でももし、自分に子どこまできたら?
それも複数の子で、一人しか選べないとしたら?

そういう重いテーマは真ん中にあるんだけど、それを吹っ飛ばす娯楽度がアクション!!

めちゃくちゃ強いわけではないんだけど、チームワークで乗り切ってゆく。どちらかというとジワジワと追い詰められていく感じかなーと思っていたのでこんなに派手とは!!!

まあ、アクション似合うしね。

 

 

男の人も、多少、活躍?というか登場するけど、これは母VS母的な感じかな。
男はそえものだった。

 

もちろん突っ込みどころ満載ではあるけど、映画ってそんなもんじゃないか(笑)

 

セブンシスターズ:こういう映画でいつも思うんだけど

当然「一人っ子政策」を違反してるわけだから、職員は逮捕に行くよね。
で、そこで返り討ちにあう。

政府職員はヒーローやヒロインに殺されてばっかり。
職務遂行してるだけなのにね。

あっという間に何十人も死んでしまう。

 

団体に属して、命令を受けて動く。
事の本質や裏は覗かずに。
行けと言われれば行く。

 

だからかな?
僕は団体に属するのが苦手(笑)言い訳(笑)

 

誰の下でも働きたくない。死にたくないから。

 

 

この記事を書いたのは

【705号室】映画見聞録~映画が大好き~2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed