第十快変態チック【春死音】:屋上編

こんばんわ、ブログアパート管理人のサニーです。

今日は前回の第十快変態チック【春死音】グラスコフィン編に続く、屋上編です。

 

このビルの屋上は撮影スポットとして使われてる。
前回の変態チックの時、友人を撮った。

 

さっきまで首吊ったり手首切ったりしてたとは思えないよな元気の良さ。
三人モデルさん。

モデルは
リカちゃん(@r1kap1ka)
Nanちゃん(@chicknn_f)
ゆりヰか(@yurii_78)
の3名()内はツイッターアカウントです。

 

どんどん登ってくよ

 

真っ青な空を切り取るビル、看板。
見えない空を想像したり、見える空を楽しんだり。

 

かなり暖かい。
コンクリートは暑くなってる。

 

なんだって乗り越えていくよ。

 

 

太陽が、そこにある。

彼女たちを照らすために。

 

 

おっと、死体写真だった(笑)

ということでまた殺しあったりしてます。

 

 

朽ち果てたベンチに横たわる死体

今日一番好きなシーンはこれ。

 

 

死ぬ前の笑顔撮影中

 

 

ポプリを巻いて、花びらと乙女のシーン。
ポプリに負けないくらいラーメンの匂いがして、死体たちは「お腹おすいたー」と叫ぶ。

 

 

 

繋がっていよう。

一緒に向こうへ行こう。

 

仲良しの三人は眠りにつきました。

 

 

 

なーんちゃって

 

死と乙女
恋と革命

 

自分たちでどんどんアイデアを出して突っ走るモデルの三人を、追いかけるカメラマンたち。彼女たちの放つエネルギーをきちんと納められるわけはなく、写真は「その場の楽しさの三割」くらいを再現するにとどまる。

 

でも僕の写真を好きだと言ってもらえたり、感性が近い!と言ってもらえると嬉しいね。
僕はよく見えない目で自分の好きな一瞬、と言うより1パーツを切り取ってるだけ。

写真が美しく上がってるとしたら、写ってる人や物、そのものが美しいってこと。

 

「写真撮ってください」と言われるのは「ギター弾いてください」と同じレベルにまで嬉しいことになった。

僕は「被写体募集」はしない。
知ってる人、もしくは僕がどんな写真撮るか(何写ってるかわかんないと不評な笑)を知っててなおかつ「撮ってください」と言う人以外は撮りたくない。

ご覧のように守備範囲がすごく狭いので。

 

 

今回の変態チックもそーとー楽しかった。
新しい出会いとか、ワクワクするような話をしたりもできた。

やっぱり、初めてのところに飛び込んでいくと、何かしらの変化が起きるんだなあと改めて思う。

 

 

飛び出していこうよ

壊していこうよ

みなさん、ありがとうございました。

 

ちなっちゃんが撮ってくれた爺。

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed