フランシーヌの場合はあまりにもおばかさん【3月30日プロジェクトに参加して】

こんばんは。三月も終わりに近づいています。
ブログアパート管理人のサニーです。

 

 

3月30日のことを僕は知らなかった。最近知り合ったTOMOさんから「この歌を3/30にyoutube動画で発表したいんです」と言う話を聞くまでは。

 

今日(3月30日)はフランシーヌ・ルコントがパリで焼身自殺した日。
1969(昭和44)年3月30日、日曜日の朝。パリの路上で30歳の女性が、シンナーを被って焼身自殺した。

当時、日本の新聞での報道ではこの女性はベトナム戦争、ナイジェリア内戦に心をいため、自殺した時もビアフラの飢餓の切抜きを持っていたという。(1969年3月31日付 朝日新聞夕刊)

 

 

1人の女性の焼身自殺で何が変わるわけでもない。家族の話のように、精神を病んでのことかもしれないが、いずれにしても、かなり思い詰めての行動であろう。

この事件に、心を動かされた日本人によって、一つのフォークソング(反戦歌)が作られた。いまいずみあきら作詞、郷伍郎作曲「フランシーヌの場合」である。

母親がよく料理をしながらこの歌を歌っていたから、メロディーは知っていたけど。
内容は深くは知らなかった。

 

フランシーヌの場合は あまりにもおばかさん
フランシーヌの場合は あまりにもさびしい
三月三十日の日曜日
パリの朝に燃えた いのちひとつ
フランシーヌ

 

歌にまだ力があり、民衆が力を持っていた頃。
ショッキングなニュースを素晴らしい「曲」に昇華するタフネスと、それを許す社会。

今とは違うとはいえ、この歌が大ヒットする世の中を「未熟」と言うなら、「発展途上」というのなら「成熟」に何の意味がある?

 

 

TOMOさんのプロジェクトに手を挙げたのは友人のさぎりさん。さぎりさんの紹介でTOMOさんと僕は知り合った。

 

「可愛いばかりが女の子じゃない」

 

一億総育成ゲームのこの国。可愛いはもちろん正義だ。
でもそれだけじゃダメなんじゃ?

 

彼女たちの熱い思いと、何より「おしゃれにやる」と言うコンセプトに感銘を受け、僕もお手伝いをした。カメラマンとして。

 

あるビルの階段でメイクをし、衣装に着替える彼女たち。
(衣装も100円ショップなどで揃え、自分で作ったもの)

女の子たちがメイクをしたり、身支度をするのを見るのは好きなんだけど(笑)、その時の彼女たちの「楽しんで戦う」姿に感激した。

 

 

これが出来上がった動画です。

 

 

ホントのことを云ったらオリコウになれない
ホントのことを云ったらあまりにも悲しい

 

政府が真実を隠してるなんてのは「エイリアンレベル」なら許せるけども。
ヘイトがヘイトを迎え撃つ現代。
SNSで顔の見えない銃撃戦は絶えず、一度負った傷は元には戻らない。

 

 

今一番怖いのは「思ってることを言えない空気」。

 

シンナーをかぶって焼身自殺しなくても、思うことは口に出せる世の中であるべき。
そこに、「愛」と「多様性」は必ず存在すべきだけれど。

 

とてもいい企画の一角に参加できて嬉しい。
頑張り抜いた二人のチェリーに拍手!!

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed