救命女性に「土俵からおりて」市長はくも膜下出血

久しぶりにgigiネタ投稿です。

京都府舞鶴市で開かれた大相撲巡業中にあいさつをしていた市長が倒れた際、救命措置をしていた女性に土俵からおりるようにアナウンスがありました。倒れた市長はその後、くも膜下出血で手術を受けていました。

4日午後2時すぎ、舞鶴市の体育館で行われた大相撲春巡業の土俵上で、あいさつに立った多々見良三市長(67)が途中で意識を失い、倒れました。実行委員会によりますと、看護資格を持っていたとみられる女性2人が土俵に上がり、救命措置をしていたところ、日本相撲協会の関係者から「女性の方は土俵からおりてください」とのアナウンスが2回ほど流れたということです。アナウンスの内容は相撲協会独自の判断だったといいます。多々見市長はくも膜下出血で手術を行い、命に別状はないということです。市の担当者は「最初の手当てのおかげで命が助かり、女性が確認できたらお礼を言いたい」とコメントしています。
共同通信によりますと、八角理事長は「行司が動転して呼び掛けたものでしたが、人命に関わる状況には不適切な対応でした。深くおわび申し上げます」と談話を出しています。

 

 

話題の「土俵に女性」問題。これって報道の偏見とか煽りとかでいつものようにねじ曲がってるみたいだけど。

 

伝統っていうのはマニアックだと思うんだ。
それを気にしない人には何の役にも立たないし、意味のないもの。

 

守らなきゃいけない、伝えていかなきゃいけないなんて考えてるのはマニアの方だけ。
他の人には全く何の役にも立たない。

相撲っていうものを伝統だ神事だって言ってるマニアの人と、それ以外の人では意見が違うから平行線だと思う。

そしてそのマニアの人たちは本当にそのことを愛してるんだと思う。世間がどうであれ、世情がどうであれ。
それ自体はとても尊いこと。
そのマニアの世界にどんなルールがあろうと、それが時代に即してないからという理由でねじ伏せるのはおかしいと思う。

 

宗教だって、めんたいロックだって、カルトムービーだって同じただの「マニア」。マニアじゃない人にとっては理解不能。

 

そういうしきたりを持つマニアックな世界が存在してるってことを「へーそうなんだ」って知ることと「そんな世界もあるんやね」って思うことが大事だと思うけどな〜。

自分がそれほど興味のないことなら、世情や常識を武器に文句を言い、自分の住む村のルールは絶対だって思う。よくあることだけど。

マニアな世界は、マニアでない僕たちになんの損もさせない。

 

僕らが声を上げるべきは、
「僕らの日常生活を奪う可能性のある」こと
「自由を奪う可能性がある」こと

だと思う。

マニアの中のことは、マニアの中から変わっていくだろうし、合わなければマニアをやめればいいだけの話。

でも政治は違う。
僕らが声を上げるべきは政治的なこと。
自由を奪われないように気をつけて生きていくこと。

あとは、マニアそれぞれに信じるマニュアルがあり、それをどう変えるか、変えないかはマニア自身が決めること。

 

そして最重要なのは「緊急時の対処法」をマニアだろうがなかろうが知っておくこと。今回は市長に命に別状ないってことだからよかったね。

さらに言うなら、気が動転してだろうがなかろうが、とっさの時にはその人の「常識」が口から出るってこと。
この行司さんも、相撲を愛するマニアで、マニアックな世界観の中発言したんだと思う。緊急性にはピンとこなかったんだろう。

そういう失敗もあるよ。誰だってあると思う。
「女人禁制の土俵に女性が上がった!」っていう事柄の方が市長が倒れたってことよりもびっくりしたんだと思う。

そういうマニアがいるってこと。
そして人は緊急時に「命を一番に!」って考えることがなかなか難しいってこと。

 

男女平等や差別のルールを訴えるべき方向は、そこじゃないと思う。
男女の議員数や経済格差が50/50になった時には、マニアに目を向けてもいいだろうけど。

 

 

【403号室】ジジねたに噛み付く【サニー】別室





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed