愛の重さについて【ずっとひっかかってるトゲの話】

こんばんは。ブログアパート管理人のサニーです。
実はずっと心に引っかかっている事について書きたいと思います。

うっとおしい、メンドクセー。
そういう話です。

まあ、パブリックイメージが「ナイーブ」なので。それほど虚実違わないとは思うけど(笑)。

 

夕ご飯の時。僕ら夫婦は割と議論します。
それによって険悪な空気になる事もあるくらい(笑)

ただ、一番信頼できる相手が家にいて、どうしても聞いてほしい話をしたい時もある。

 

何かの話の流れから、「友達」についての話になった。

僕はみやちゃんに「外の世界ともっと関係性を持ったほうがいいよ」なんて言って、それに対して「私は私の友人関係がある」と。

あ、そうだよね。と思った。

彼女には高校からずっと続いてる友達も、子供が小さい頃からの「元ママ友」も、仕事でちょっとだけ同僚になり、今は普通に友達になってる人がいる。

 

で、僕は?
どうなんだろう??

 

と思った。

高校時代から、仕事仲間、昔からの友達。
いないじゃん。

 

何かをする。
つまり音楽を作ったり、映画をとったり、写真を撮ったり。
何かをするときに一緒になる人は割といる。
何かのテーマで話をする事もある。

 

でも、何もないときにご飯を食べたりする人、いる?

 

そういえば、「ご飯食べにいこー」とか「飲みにいこー」なんて誘われること、ない。
ギター弾いて〜とか、写真撮ってとかはあるのに。

 

何もないときに「ご飯でも行こうかー」っていうのが友達じゃない?とみやちゃんは言った。
なるほど。確かに。用事がなくても会うのが友達かも。

 

そう考えると、僕は「何かをやるために集まる仲間」しかいない(笑)
あらら。

 

「そりゃ、あなた自身がそれを求めてないからよ」と言われた。

 

確かにそうかもしれない。

  • この人とこんなことやりたい
  • この人のここすごいから一緒にしたい
  • この人面白いから話してるとアイデアがボンボンでる

何てことでしか、人を見てないかも。

 

その人が何をしてきたとか、男か女か、いくつか?とかに興味がなくて、「今、これから一緒になんかやれたら楽しそう!」って感じで人と接するから。

 

すごく怖くなった(笑)

 

何かをやるとき、一緒にいるとき、僕はその人に100%誠意と愛情をもって接する。接したいと思う。自分の苦にならないことだったら、自分のスキルが役に立つことだったらしてあげたいし、するの楽しい。

でも、何かをやらないとき。僕はその人を求めてないのかもしれない。

冷たい人間なのかも。

 

 

それがお誕生会で言われた

  • 愛が重い
  • 愛が薄っぺらい

と言う両極端な印象なのかもなあと。思った。

 

まあ、僕がお酒を飲めないというのも、大きいかもしれないけど(笑)
付き合いにくい人間ってことないかなぁ。ないと思うけどなぁ。

 

ま、たまにはこういう自問自答も書いてもいいよね。ここは僕の部屋だし。
友達ってなんだろう??

僕は割と、「友達になりたい」と思ってるんだけどな。
もしかしたらもうすでに、いろんな人と「友達」なのかもしれないけど(笑)

 

 

おわり。

メンドクセーやつ(笑)

 

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed