アラーキーの問題、女子レスリングの問題【相手をエライと思いすぎる?】

アラーキーとモデルの問題。

  • 写真家か「主」で、モデルが「従」という捉え方。

 

女子レスリングの問題。

  • 監督、コーチが「主」で、選手が「従」という考え方。

 

僕も全容を知ってるわけではないから、自分の体験を含めてちょっとだけ話してみます。

 

アラーキーの場合。

アラーキーは僕にとって「好きな写真を撮る」人で、それ以上でも以下でない。作品を見てかっこいいなぁと思うし、それがクソ人間でも問題はない。関係ないから。

芸術を作るやつは人間なんてめちゃくちゃでもいい、なんて言ってるわけではなくて。
音楽でも映画でも作品と作家は別。

よく役者が逮捕されたりしたら映画の公開がなくなったりするけど、そういうのほんとわかんない。TVCMなら商品売らなきゃならないし、イメージだからわかるけど。

映画とかドラマは「作品」やん。

 

あと写真家が「主」でもモデルが「従」って考え方も圭子さんから「モデル縛りの展示会はない」って聞いてびっくりしたくらい。

50/50やろ。

 

写真家の写真でお客さん集めてるように見えるかもしれんけど、チラシとかDMとかに写ってるモデルが好みやったけん、写真展に行くって人もまあまあいると思う。

作詞と作曲が50/50のように。
どっちが上とか下とかなくて、どっちもないと作品出来上がらないよね。

 

 

そりゃ最初は有名な写真家にとってもらって自分をアピールするっていうのは手段として常套だけど、自分も有名になってきたら契約更改しないと。

契約は年次でするべき。プロフェッショナルなら。利益が出る仕事なら特に。

 

僕はグラフィックデザインや文章書きをしてきたから、「対象者のオーケーをもらってから印刷する」なんてのは常識だと思っていたけどね。

 

今回の件でアラーキーはやられちゃうのかな?これ、モデルと写真家が男女逆転してたらどうなんだろうね、世の中の反応は。

 

どっちににしても、アラーキーは好きな写真を撮る人なだけ。

 

女子レスリング伊調選手のこと

これなんてまさに

「人は成長する」ってことを認めてない証拠よね。覚えたいこと、学びたいことが変われば先生を変えるのは当たり前。

去られるってことは、需要がなくなったってことよ(これは自分に向けて行ってるのか!笑)

 

選手が強くなる段階と、うまくなる段階とがあると思うんよね。強くするのが得意な人と、強くなった人をうまくする人。

 

偉い人っていうのは「教えてる時」だけのことで、その他は偉くもなんともない。偉い人の言うことに逆らうな!っていうのはまさに「美しき日本」を象徴してると思う。

そして周りの人も弱い方の立場の人に「お前が我慢すれば済むことやけん」っていうみたいな。
今回、はっきりいろいろ出てきてよかったね。この件も男女逆転してたらどうなんだろうね、世の中の反応は。

フィギュアスケートみたいにやりたいことに合わせてコーチを変えるのが普通な気がするな。

 

いい選手がいなかったらいいコーチにはなれんし、その逆もあり。

いろんな不均衡があぶり出されてきて、正常化すればいいな。

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed