なくなったお店の話【メンチカツと生姜焼き】

20代から自営業を始めて、いろんなところに事務所を出した。

湊にも数年。今から20年くらい前かな?

通りはまだ少し暗くて、ピンサロが一軒だけあって(笑)おじいちゃんが出入りしていたのが見えるところに事務所を借りた。

友人と一緒に。

その友人も数年前、なくなったんだけどね。

トラックが通るとガタガタ揺れる木造のビル。
なんだかいろんな思い出があるようで、実はお昼ご飯の今年か思い出せない(笑)

 

今でもよく行くドンキホー亭とか。吉野家はできたばっかりだったかな。
美味しい定食屋さんが幾つかあって、その中でも一番通ったのが「文ちゃん」

揚げ物とか焼き物とか、
とにかくちゃんと美味しくて安い。

いつも

  • 生姜焼き定食
  • メンチカツ定食

のどちらかで悩んでいたような(笑)

 

事務所は移転しても時々、文ちゃんには寄っていたけど、ここ数年は行ってなかった。車で前を通るとお客さんが入っていて「ああ、まだやってるんだ」と、何度も思った。

 

先日、みやちゃんが飲み会で、一人で晩御飯を食べることになったので、久しぶりに行ってみようと思った。

車をちょっと遠くに停めて、歩いて。

 

ご主人は、いなかった。
衛生責任者も変わっていた。

昔は時々手伝いに来ていた奥さんが黙々と料理していた。

 

20年前によく通っていたことを告げる。ご主人のことを聞いた。

「もういませんねぇ」と、奥さんはいった。

 

メンチカツ定食はあの頃のままの味だった。
味噌汁もうまかった。

 

どうしてひき肉の揚がる瞬間は、あんなにいい匂いがするんだろう。
いろんな思いをドンブリ飯と一緒に飲み込んだ。

 

外に出ると目の前を数十人の若者(新入社員かな?)が黙々と二列で歩いていた。

誰一人、声も立てずに。

新しい靴の音だけが、カツカツと響いていた。

 

 

 

 

そうそう、その頃は息子がまだ小さくて、僕はよく写真を現像に出していた。あの頃街のあちこちにあった「プリントサービス」のお店って、どうなったんだろう。

僕の通っていたお店は多分10年くらい前になくなった。
お互いの子供の話とか、してたんだけどね。

元気で生き延びててくれたらいいな。

 

僕も業務内容を何度も変え、屋号も変えて、今、生きてる。
来年はわからなけど、今、生きてる。

 

 

【704号室】ガーリーおじちゃんはまったく役に立たない2018





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed