イーサンホークなぜか気になる男

道であったら、殴りたい俳優「イーサンホーク」

イーサン・ホークにはじめてイラッときたのは

「恋人までの距離」

20150303100715

なんか

素敵で

リアルな会話で。

やられた。

これは三部作になってるので、また後日描きます。

 

 

その後の決定打は

「ガタカ」

ストーリーは小品でノスタルジックなSF

そして、あんまり誰もが期待していないはず(笑)

オスカーなんて絶対無理

6歳の僕が~みたいに、人に伝えるのも、ちょっと難しい。

でも

小さな傑作です。

監督は、これまたB級の上品なさびしさ溢れる吸血鬼映画

「デイブレイカー」をとった人。

デイブレイカーのイーサン・ホークも好きだった。

かっこいい。

2019年って・・・

すぐくるじゃん。

 

デイブレイカーでのイーサンは僕にとっての「エンゼルハート」のミッキーロークくらい素敵。

6歳の僕~も、こういうSFもなんか普通にできる俳優さんなんだよね。

そしてそんなイケメン!とかキラキラ輝いてると感じないのにほんとうにいい。

なんか物書きの役が多いのもの持ってる「ゆううつ」「文学ぽさ」なのかも。

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら






Comments are closed