【映画:アナーキー:感想】シェイクスピアという名の猛毒。イーサン・ホーク祭を自宅で開催(笑)

まいったな。最高だ!
イーサン・ホーク、エド・ハリス、ミラ・ジョボヴィッチなど豪華キャストをあつめてシェイクスピアの原作を「2時間サスペンスドラマ」にしちまった。

キャストの出演料以外、ほとんどお金がかかってないんじゃないか?と思うようなシーンの連続。
何を意図してつくったのかわからない。
もったいぶった比喩・暗喩などシェイクスピアセリフが堪能できるし
おんなはいつも貞淑でうつくしく
おとこはいつも愚かで
いつのもシェイクスピア悲喜劇なんだけど、現代におきかえた意味もよくわからないし、(衣装代・セットをけけちった?とか?)

あちこちでヌーベルバーグやアメリカンシネマの影響もたっぷり。

でもね。

学生が作ったかのようなテイスト。
いい意味と悪い意味とどっちも。

ああ、でも

  • 幸運は舵のない船でやってくる
  • お前のこの世での役目は終わりだ
  • お前たちが死ぬとき、私もそこに横たわるだろう

セリフが言いたい!自己満足したい!そんな気持ちがあふれてて
ほほえましい。

 

作品としてはドンガラガッシャンなんだけど(笑)いとしい。

さらに

日本語タイトルの「アナーキー」って(大笑)

 

シェイクスピアの猛毒にのまれちゃった映画。

評判がすこぶるわるいクソ映画っていわれてるけど、好き。

imgrc0069664412

 

ちょっとイライラしてるし、もやもやがとまらないからDVDでもみよう!っておもって
近所のレンタルやさんにいったんだけど。
邦画のコーナー。ほんとにみるべきものがない。
愛情のなさそうなカスっぽい女子高生映画とか
馬鹿っぽい永遠のゼロいのとか。
アニメやゲーム原作のくだらなそうなのとか
アダルトビデオなみに修正された中途半端なアイドル映画とか

悲惨。

邦画がだいすきなのに、みるものが、ない。

 

どうしたらいいんだろう?

それとも、いい映画はあるのに、見つけてないだけ??

cd-443031_640

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら






Comments are closed