北陸の海の幸を堪能*金沢 味楽ゆめり

先日初めて北陸地方へ行ってきました。
北陸といえば…海の幸においしい日本酒!
九州からだと遠いですから、なかなか、ぷらっと行ってこようというわけにはいきませんが、気合をいれて行ってきた次第です。

北陸新幹線が開通し、東京から金沢までは約2時間半で到着するそうです。すごいですね。
ですが私は九州人ですので、新大阪まで新幹線、新大阪から特急サンダーバードに乗って金沢まで、というルートで行きました。片道5時間弱くらいです。
大学時代の同級生に、石川出身の人と富山出身の人がいました。福岡市の大学だけど、全国各地の人がきている学校でしたが、それでも北陸から九州というのは遠いなぁと改めて思います。関東のほうがまだ近いかんじがしますよね。

北陸新幹線は10年後には敦賀まで延びる予定だそうなので、更にその先には京都や大阪まで延びて、九州からでも新幹線だけで行ける日がくるかもしれませんね。その頃はもう私はしんでそうなきもしますが…
kanazawa1

kanazawa2

兼六園や金沢城公園へ。
新幹線効果か、又連休中ということもありかなりの人で、あまり写真が撮れませんでした…が、とても広いことにびっくりしました。
兼六園と金沢城公園の間をはしる大通りは、昔はお堀だったそうです!巨大すぎィ。
前田家どんだけすごいんや、というのがよくわかりますね。

 

kanazawa3夜のひがし茶屋街。いい雰囲気です。

そしておまちかね、よいこのみんな、お酒の時間がはじまるよ!
お酒のおばちゃんがきたで~!
金沢に着いた日の夜に食事をしたのは、味楽ゆめりという居酒屋さんです。
kanazawa4金沢駅からほど近くにあるお店です。
奥能登からの新鮮なお魚や美味しいお肉、加賀野菜などを堪能できると聞いてワクワク!
実は金沢にいくことが決まってすぐ、なので1ヶ月位前に予約の電話をしたのですが、既に予約でいっぱい!20時半~という遅めの時間でよければ、ということでしたので、それで予約をお願いしました。
連休中ということもありますが、すごい人気店なのですね!
当日、19時半くらいにお席が空いたという連絡をいただきましたので、予定より早くお店に入ることができました。

 

kanazawa5ビール&お通し。
香り豊かな枝豆に、お肉ぎっちり歯ごたえまんてんのタコです。

 

kanazawa6まずはこれ!白エビの唐揚げです。
九州ではおめにかかることのできないメニュー。北陸ならではですね。
カリッカリに揚がったエビちゃんにレモンをぎゅっとしぼって…
ビールがすすみますわほ。。

 

kanazawa7能登の岩もずく。
太めで歯ごたえしっかりの、普段たべてるのとはぜんぜん違うもずくでした。
みょうががタップリかかって、さわやか~!
kanazawa8kanazawa9

おさしみ盛り合わせ。
どうですこの美しさ。お皿というリンクの上で、おさしみたちが華麗なエキシビションを繰り広げていますよ。
北陸でも、サバ刺しをいただくことができるんですねー!
炙り、最高です。きはるに行きたくなるな…
地元である山口や九州もお魚の美味しさは負けていないと思いますが、北陸のお魚も美味しいですね。。日本海さまさまです。。

 

 

kanazawa10kanazawa11五郎島金時と小坂れんこんの天麩羅、能登豚あっさり角煮。

てんぷらほこほこ。そして角煮は塩ベースでほんとにあっさりおいしい!

 

kanazawa12手取川の純米大吟醸をいただきましょうか。
北陸は日本酒も最高!
kanazawa13kanazawa14かさごの煮付け、甘鯛の西京焼き。
美しい、そして美味しい…

 

 

kanazawa15ぶじベロンベロンに(⌒▽⌒)

明らかに食べ過ぎですが、全メニューたべたい!いやむしろここに住みたい!と思える幸せなひとときでした。

 

kanazawa16興奮のあまりついうっかり、ホテルのちかくのお店で二次会を。
北陸の話はその2もかきますので、特に漫画が好きな方はぜひ見てください(⌒▽⌒)





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら






Comments are closed