闇のバイブル 聖少女の詩:感想【ゴシックロリータが贈る死霊の盆踊り】

衝撃的だった。

チェコの映画でかなりなカルト度の映画って事だけ、DVDジャケットで見て、ほお、ちょっと見とくかね~て借りたんだけど。

原題は『VALERY’S WEEK OF WONDERS』ヴァレリエの不思議な一週間。これだと内容がよくわかる。

 

主人公の少女ヴァレリエは、真っ白い顔をしたおばあさんと二人で暮らしてる。
映画のイントロから、水は飲むわ、薄着で濡れるわでロリエロ映像満載。おまけにまわりではちょっと年上の少女たちが半裸でふらふらしてる。

ゴシックロリータは好きだけどロリエロにソコまでときめかないオッチャンとしてはうとうとする部分もあるけど。

いきなりメガネの青年がひゃっほーと現れ、大切にしてるピアスを盗む。
親分は黒塗りマント怪人。

でもなぜだかメガネ君はヴァレリエにすぐ、ピアス返しちゃう。

 

頭の中に??マークがどんどん浮かんできて、それが消えるまもなく次の?マークが生まれてくる。

その連続。

c0225849_20453850

 

出てくるキャラクターも変なやつばかり

 

レイプしようとする伝道師とか

吸血鬼さんとか

イタチ男さんとか

レズっぽい人たちとか

初夜のカップルとか

 

どんどん溢れてくる。

 

唐突なシーンも病的でエロい。

火あぶりも鞭打ちも花占いも。

 

でも好きかも。

意味わからないけど、時々見たいかも~~

 

大きなツタヤとかにしか置いていないだろうけど、レンタルして欲しい。

うとうとするかもだけどがんばって!

 

いやあ、まるで「不思議博物館サナトリウム」にいるような気持ちになりました。

c0225849_20551812

 

この映画ができた頃のチェコ・スロバキアは冷戦時代。わけわかんないゴスロリ映画撮るなんてなかなか覚悟がいることだったはず。

そんななかで生まれたからこそ、作りたい愛情が沸騰していて(空回りしていて)なんとも愛おしい。

昔見た「ピクニックatハンギングロック」なんかとムードは似てるかな?

 





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed