モロッコ旅行記04~ラバトの罠~

モロッコ4日目

カサブランカの印象は最悪だったが、マラケシュで挽回してきたモロッコ

次の街は首都ラバト

電車の中でおっさんと仲良くなってしゃべった

友達が自分の仕事について説明してて、うちも友達の仕事について詳しく知らなかったからへぇーって聞いてた

しかしやはり英語は難しいですな

コーヒーとパンをおごってくれました

そうこうしてると兄ちゃんが来て

荷物を上の棚に置いたらおっさんの荷物からバキっとゆう異音が聞こえた

おい!ってなっておっさんが慌てて荷物の中身を確認

お土産に買ったタジン鍋かランプが壊れたのではないかとそわそわしだした

謝る兄ちゃん

知り合いがタジン鍋を作ってるから、飛行機の時間に間に合いそうなら取りに行って届けに行くと言い出した

そこまでしなくていいよと断るおっさん

引かない兄ちゃん

優しい人が集まると逆に言い合いみたいになるんですねw

まあ結局タジン鍋壊れてなかったし丸く収まってみんなで談笑

兄ちゃんもおっさんも降りて電車に揺られること数十分

ラバトに到着

電車を降りて外に出てみたが迎えがいない

おかしい

そして気付いた

なんちゃらラバト駅とラバトなんちゃら駅がある事に

どうやら降りる駅を間違えたようだ

駅員に説明してホームに入れてもらった

次の電車を待っていると、こちらに向かってなにやら叫んでる男がいる

ドライバーだ

あまりに遅いから間違えたのではないかとこっちに来てくれたみたいだ

すれ違いにならなくてよかった

なんとかラバト観光をすることができた

がしかし

ガイドが日本語できない人で、完全英語

うちは別に構わなかったんだけど

友達が日本語じゃないと嫌だって言って

英語出来ない事にすればガイドを変えてくれるんではと言い出した

しかしラバトには日本語できるガイドがいないらしく

英語できないって事になったゃったからガイドが全然しゃべってくれなくなった

痛恨のミス

2つ目の観光地からガイド帰ったからねw

ドライバーに何箇所か連れまわされて終了

ドライバーに至っては英語すらできないw

おわた

まじで何なのか分からんから写真だけ撮って一瞬で観光終了

やってらんねーから昼から酒飲んだ

そんな感じでラバトを後にしてカサブランカへ

賑わってる場所を教えてもらい、初日とは打って変わって好印象

おっさんと仲良くなったんだがやたら距離が近い

めんどくさいから友達の事ハズバンドって言ってるのにやたら距離が近い

なんならおっさん妻子持ちだし子供の写真も見せてくれたのにやたら距離が近い

なんなの

IMG_7492

IMG_7503

ご飯を食べにいったんホテルに戻ったが友達は買い物したらずに市場で1人放浪

革の鞄買い過ぎなw

まあ総評としては楽しい一日でした





【ブログアパート:私の人生、私のもの】ってなに?

ここはブログアパート。年齢も性別も、職業もちがう人たちが、それぞれに思うこと、すごす毎日を書いてくれています。 「映画を見て面白かった」「ペットとの毎日」「ニュースを読んでおもうこと」「趣味のお話」…。
色合いの違う毎日が、風合いの違う感性が 折り重なって、思いもしなかった光景をみせてくれます。

記事の感想など、お気軽にひとこといかがですか?

>>こちらでおまちしています



ブログアパート「私の人生、私のもの」よんでくれてありがとう。
FACEBOOKページをフォローしていただけるとうれしい。
新しい記事をお届けします。

>>>FACEBOOKページはこちら







Comments are closed